本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

うつと付き合うために必要なことは何なのか考えてみた

16人に1人がかかっている疾患

精神性疾患の一つである「うつ病」は、ストレスの多い現代社会においては多くの人が患っている疾患で、日本では16人に1人はかかっていると言われるほど一般的な病気です。最近ではこの疾患に対する知識も広く浸透しているため、「もしかしたら自分はうつ病なのかもしれない」と考える人が精神科を受診しやすくなっていますが、それでも精神疾患を患っているというと社会生活を送る上でいろいろな支障が出てしまうことも多いため、なかなか病院に行けないまま、自分一人でうつ病と向き合っている人は少なくありません。この疾患は、特別な思考回路の人がかかるというわけではなく、強度のストレスが蓄積されることによって誰でもかかる可能性がある疾患です。自分だけがかかっていると考えずに、早期発見で早期治療を目指すためにも、おかしいなという症状を感じた場合には、できるだけ早く適切な治療を行うことが必要です。

抗うつ剤と休養が治療のカギ

ストレスが原因のうつ病とうまく付き合うためには、できるだけストレスの原因から遠ざかって、精神的にリラックスできる生活を送る必要があります。仕事のストレスでうつ病を発症してしまうほどの場合には、無理にその職場で頑張ろうとするよりも、もっとリラックスした状態で働ける職場へ転職するという考え方も大切です。症状が軽度でストレスの原因を解消することができる場合には、特に薬物治療を行わなくても症状が軽減できることもありますが、なかなか病院に行けないまま症状が悪化したりすると、放置しても自然治癒することが難しいだけでなく、毎日の生活にも支障が出てしまうので、抗うつ剤による薬物治療が必要となります。

抗うつ剤は副作用に気をつけながら

抗うつ剤は神経機能に作用して、緊張をほぐしてリラックスさせてくれる働きがあります。化学成分の働きによって、ストレスまみれの神経を強制的にリラックスさせるという強い作用があるため、服用する際には副作用に気を付けなければいけません。副作用には、口が乾いたり眠たくなったり、胃がムカムカするなど様々な症状があり、中には手足がしびれると言った副作用が出ることもあります。副作用が出た場合には、医師が別の薬を処方してくれますから、無理に続けるのではなくすぐに医師に相談してみてください。うつ病の治療は一朝一夕に完治できるものではなく、ゆっくりとマイペースで続けることが必要です。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る