本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

お肌のトラブルは体の内側からも「病気」サインを出していた

内臓系の病気はお肌のトラブルを起こしやすい

体が異変を起こすと、体ではいろいろな症状が起こります。肌トラブルもその一つで、最近急に肌が乾燥しやすくなったり、肌がかゆくてたまらないなんて症状を起こしたりしたら、もしかしたら単なる肌の乾燥が原因というわけではなく、健康上のトラブルを抱えているサインなのかもしれませんから、見逃さずにきちんと適切な対策を取ることが必要になります。

内臓系の疾患は肌にトラブルが出やすいので、健康診断にしばらくいっていない人は、念のために健康診断を受けてみることをおすすめします。もちろん、肌トラブルが起きたら必ず内臓疾患にかかっているというわけではありませんが、目に見えない部分に起こる疾患は、なかなか早期発見することが難しいので、できるだけ早期発見と早期治療を目指すためにも、トラブルのサインはできるだけ早くにキャッチしたいものです。

どんな症状が出やすいのか?

肝機能が正常に機能しなくなってしまうと、体内の毒素が蓄積されやすくなってしまい、肌はすぐにトラブルを起こしてしまいます。例えばニキビなどができやすくなったり、肌が乾燥してくすみやすくなったり、ギトギトしやすくなった場合などには、まずは1週間ぐらい十分な睡眠時間を確保したり、スキンケアでは保湿ケアを心がけたりしながら様子を見て、思い当たる原因もなければ症状もなかなか改善できないという場合には、内科を受診してみると良いでしょう。

また、糖尿病が進行すると、肌は乾燥しやすくなります。

乾燥肌を引き起こす原因はたくさんあり、肌が乾燥していれば必ず糖尿病というわけではありませんが、肌が乾燥する原因に思い当たる節がない場合には、健康診断を受けてみるのも良いでしょう。

乾燥肌はどのような原因でも、放置するとどんどん進行し、やがては敏感肌やアトピー肌にもなりかねません。原因を見つけて早期対処することが、肌トラブルを改善するポイントです。

便秘も肌トラブルを起こしやすい

深刻な病気でなくても、便秘などが原因で肌トラブルが起こりやすくなってしまうことがあります。便秘になると、腸内に食べ物がどんどん蓄積され、腐敗によって毒素が発生し、それが血液を通して全身に運ばれてしまうため肌も乾燥しやすくなったりニキビができやすくなってしまいます。

毎日スッキリできない人は、食物繊維を積極的に食べたり、たっぷり水分を補給して適度に体をうごかすなど工夫することによって、できるだけ体内の毒素量を減らすべく、毎日の生活を見直してみましょう。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る