本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

不潔な環境から分かるアレルギーの仕組みとは

アレルギー持ちは多い

アレルギーとは、特定の成分に対して体が異物だと反応し、体の防衛機能がその成分を撃退しようとするために起こる症状です。アレルギー物質が多く空気中を浮遊している昨今では、アレルギーを持っている人の数は10人に3人以上と言われていて、特に花粉症においては5人に1人が持っていると言われるほど、多くの国民が抱えている国民病にもなっているほどです。アレルギー持ちの数は近年右肩上がりに急増しています。

アレルギーが起こる原因とは

アレルギーが起こる原因はたくさんあります。例えば、住宅の気密性が高まったことによって、家の中にダニが増えやすくなったり、ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群などもアレルギー症状の一つです。また、屋外に出ると空気中に細菌やウィルスが大量に飛んでいたり、環境汚染によって有毒物質が浮遊してることで喘息を起こしやすくなったり、肌が弱い人はそうした成分によって肌がアレルギー反応を起こすこともあります。食生活においても、食品添加物が入っていたり、遺伝子組み換えや農薬、化学成分などによって微量でも普段の食事で少しずつ、体に有毒な成分を摂取していることがアレルギーの原因になると言われています。

アレルギーを起こしやすい年齢

アレルギーは、どんな年齢でも起こす可能性があります。生まれたばかりの赤ちゃんがアレルギーを起こす確率と、就学年齢の児童が起こす確率、また成人の発症率には、大きな差はありません。これは、アレルギーが起こるメカニズムと大きく関係しているのですが、アレルギーは肌のバリア機能が弱っている時や、体の免疫機能が低下している時にアレルギー性物質が体内に侵入しようとすれば、体がそれを異物だと認識して撃退する反応だからです。一度体が特定の成分を異物だと認識してしまうと、その後ずっとその成分に対してはアレルギー反応を起こしてしまうため、アレルギーはできるだけ起こさないように予防することが最善です。そのためには、免疫機能を高めたり、あまり大気が汚染されている場所にはいかないようにするなど、日常生活の中で工夫をすると良いでしょう。また、普段の食生活においても、添加物が多く含まれているものはできるだけ控えるようにしたり、農薬や化学成分が入っているものは食べないようにすることも大切です。加工食品の多くには添加物がたっぷり入っているので、できるだけ自宅で食材から自炊をする習慣を心がけるだけでも、大きな免疫機能アップの効果が期待できます。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る