本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

ストレスはみんな抱えてる 危ないのはそれを吐き出さないこと

NOU86_tokainonagame

現代社会はストレスまみれ

ストレスを感じる原因はたくさんあります。

仕事のこと、人間関係など、社会生活を営んでいる人なら年齢を問わずに誰でもストレスを抱えていることが少なくありません。
しかし、几帳面な性格や完璧主義の人や、頑張り屋さんなど、性格によってストレスを溜めこみやすい人もいます。

目に見えるわけではないストレスは誰も感じるものですが、発散できずに体内に蓄積されてしまうと深刻な健康被害を及ぼすリスク因子となってしまうので注意しなければいけません。

ストレスを溜め込むメカニズム

MIMIYAKO85_nishinohamanomado20140727

ストレスは、脳で不快だなと感じると、その刺激は視床下部を介して自律神経や内分泌系の器官に影響を与えるだけでなく、血液中には活性酸素が大量に作られて、全身の機能が低下しやすくなってしまいます。

活性酸素は新陳代謝によって体外に排出されますが、ストレスが原因で不眠になったり、自律神経がバランスを崩してしまうと、ストレスがどんどん体内に蓄積されます。

やがてはうつ病などの精神疾患を引き起こしてしまったり、体内のあらゆる器官が機能低下して、生活習慣病の原因にもなってしまいます。

たかがストレスと軽く考えずに、ストレスを溜め込むとあらゆる疾患の原因になりかねないことを理解しましょう。

ストレスを溜め込むのはどんな人?

ストレスは誰でも感じるものですが、性格によって溜め込みやすい人と、そうでない人がいます。

ストレスを溜め込みやすい人の特徴は

◎几帳面で神経質な真面目タイプの人
◎責任感が強くて完璧主義の人
◎自分の気持ちをうまく表現することが苦手で自分の中に秘めてしまう人
◎他人の目が気になったり、他人に気を使いすぎてしまう性格の人

一方、ストレスが溜まりにくい人の特徴としては

◎自分をポジティブにとらえている人
◎主観的かつ楽観的に物事をとらえることができる人

例えば、仕事で失敗してしまった場合、「どうしよう、失敗してしまった。もうだめかもしれない」とクヨクヨしてしまう人は、ストレスを溜め込みやすい性格と言えるでしょう。

しかし、失敗しても「今回は失敗したけれど、次回は失敗しないように経験から学ぼう」と考えられる人は、ストレスを溜め込みにくい性格と言えます。

自分自身の性格を根本的に変えることは簡単ではありませんが、意識的に考え方を変えることによって、ストレスを溜め込みにくい性格へと変身できます。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る