本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

プラセンタサプリとプラセンタ注射の効果の違いは?

プラセンタ、サプリメントやドリンク、注射やコスメなど、いろんな方法で摂ることができます。しかし、これらは摂り方によって効果が異なり、即効性の有無も違ってきます。一体どんな効果の違いがあるのでしょうか?

プラセンタサプリとは

サプリメントは、いわゆる内服です。口から摂取し、成分の効果を発揮するもので、誰でも手軽に摂ることができます。使用しているプラセンタも、馬や豚、羊などの哺乳類の胎盤から抽出されたもので、アミノ酸を豊富に含み、肌を美しく保ち、健康を維持することができます。

プラセンタ注射とは

一方でプラセンタ注射は、馬や豚といった哺乳類の胎盤を使用していません。どんなプラセンタを使用しているのかというと、『ヒトプラセンタ』と呼ばれるものです。ヒトプラセンタは、注射のように医療機関でしか使用できないため、サプリメントには配合されません。いろんな目的で使用されますが、美容目的でプラセンタ注射をする場合、保険適用外になり自費診療となってしまいます。

また、注射には厚生労働省が認定したメルスモンとラエンネックの2種類に分けられます。即効性がありますが、1週間に2回の打つなど、定期的に注射をしないことには効果を持続させるのは難しいでしょう。

このように、サプリメントと注射では、同じプラセンタでも大きく異なることが分かります。そもそも、注射で使用するプラセンタは、人の胎盤から抽出したものです。品質は高いですが、注射が苦手な人には適していません。また、美容では健康保険が適用されないのもデメリットです。プラセンタ注射で健康保険が適用されるのは、更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害治療など。

手軽にプラセンタを摂るなら、サプリメントのほうが摂りやすいでしょう。水やぬるま湯で飲むだけで良いですし、飲み続けることで長期的にも効果を持続できますから、体質改善や精神安定には適しています。どちらがおすすめかというと、疲労回復や体力アップには即効性のあるプラセンタ注射を。美容や代謝アップなど、一時的な効果ではなく、継続して効果を発揮させたい方はサプリメントがおすすめです。

ちなみに、植物由来のプラセンタは、化粧品に使用されているプラセンタです。胎盤ではないため、サプリメントや注射のような効果は得られませんが、動物性に比べると安全性が高いので安心です。サプリメントと併用して摂ると、しっかり効果を得られるでしょう。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る