本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

ペットを一緒に暮らすと人間の病気のリスクが減るかもしれない?

ペットが持つパワー

可愛い存在で、家族の一員として私たちの疲れた心を癒してくれるペットたち。ペットは人間にたっぷり愛情を与えてくれるだけでなく、海外ではペットのヒーリング効果が医療分野でも注目されていて、中毒者のリハビリ施設や刑務所の受刑者などにペットとともに生活をさせることによって、心の不安を取り除いて正常で健康な状態へと改善できる効果が認められています。また、ペットセラピーというものを手術の後の回復期に行うことによって、人間のやる気をアップしたり向上心を活性化させてくれる効果も認められています。ペットには人間の心を癒してくれる強いパワーがあるのです。

ペットと暮らすと病気になりにくい?

それだけではありません。ペットと一緒に暮らすことによって、私たちはたくさんの健康効果を手に入れています。例えば、どんなにかわいいペットでも、人間にとってはアレルギー反応を起こす可能性のあるアレルゲンを持っています。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんがペットと一緒に生活をする場合などには、アレルギーに対して免疫機能がつきやすく、アレルギーを起こしにくい健康な体質を作ることができると言われています。また、ペットと一緒に暮らしているだけで、人間にとっては心臓疾患の予防効果があることも分かっています。血液中のコレステロールや血圧を抑制する働きがペットの癒し効果にはあるので、脳卒中や心筋梗塞のリスクが低くなります。

よりアクティブな生活も

ペットを飼っていると、どうしても毎日のお散歩が日課になります。自分1人だと「面倒だから散歩なんてしたくない」と思っていても、大好きなペットがお散歩に行かなければ肥満になってしまったり病気になってしまうと思えば、行きたくなくても「仕方ない、散歩にいくか」と重たい腰も上がりやすくなります。ペットと一緒に生活している人は、お散歩をすることによって外に出る機会が必然的に多くなり、体を動かすことによって慢性的な運動不足を解消することができます。また、ペットを通して近所の人達とコミュニケーションをとる機会が増えたりするので、独居老人などにとっては孤独感を軽減してくれる役割もしています。ペットを飼う際には、いろいろリサーチをしながら、自分のライフスタイルに合わせてどんなペットが向いているのか、どんな性格のペットを選べばよいのかをしっかり考えながら、大切な人生のパートナーとしてペットと暮らしたいものです。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る