本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

マイナス5キロ痩せで自分もまわりもハッピーになるワケ

痩せると、生まれ変わったような気持ちになります。それは、オシャレが楽しくなったり、恋愛が成功したり、雰囲気が変わったり、良いことがたくさん増えるからです。そのため、痩せるとハッピーになりやすく、『幸せホルモン』と呼ばれるセロトニンが活性化するようになります。

しかし、実際は痩せる過程ですでにハッピーになっているのです。ダイエット中は『早く痩せたい気持ち』と『我慢をする』ことでどうしてもストレスになりやすいイメージがありますよね。それなのに、痩せる過程こそハッピーというのはなかなか理解しがたいもの。なぜ、痩せようとする気持ちや、ダイエット中は自分も周りもハッピーになりやすいといわれているのでしょうか?

徐々に変わる自分に自信が持てる

ダイエットをはじめてすぐは、幸せホルモンはそれほど分泌されません。それは、まだ結果が出ていないからです。人は結果が出てはじめて効果を実感し、自信がつくようになります。ですから、痩せてハッピーになるのは、結果が出たとき。ダイエットはじめて少しして体重が減っていたり、体が軽くなっていたり、見た目に変化が出たり、今までと違う自分を実感すると、一気に幸せホルモンが活性化します。ですから、ダイエットは途中の段階でも、ハッピーになれるのです。

もちろん、ダイエットの仕方も重要です。キレイになること、オシャレを楽しむことをイメージしながらダイエットをします。そのためには、無理なダイエットはNG。痩せながらストレスを感じないようにダイエットをすることが大切ですから、リラックスし、大きな気持ちでダイエットをしましょう。

ダイエット中に幸せホルモンを分泌させる方法

ダイエットで張りつめた状態でいると、自分だけでなくまわりもストレスになってしまいます。そうなってしまうと、たとえ体重が減っても幸せを感じられません。では、どうすればダイエット中に幸せホルモンを分泌させることができるのでしょうか?

それは、適度な運動をすること。慢性的な運動不足は、セロトニンが不足しやすいといわれています。ですから、ダイエットは食事制限よりも適度に体を動かし、健康的なダイエットを心がけましょう。次に、不規則な生活をしないこと。昼夜逆転の生活はもってのほか。きちんと朝に起きるだけでも、幸せホルモンの分泌量は違います。また、目標を明確にすることも大切です。たとえば、『-5キロ痩せたい!』と、痩せたい体重をはっきりさせるとしましょう。痩せたい体重が決まっているので、その目標に向かって集中してダイエットができます。ストレスを溜めず、楽しみながらダイエットに取り組み、ハッピーな自分でいられるようにしましょう。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る