本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

健康によくないこと、実は毎日やっていませんか?

寝る前に暴飲暴食するのはNG

私たちの体は、食事をすると消化機能が機能して、食べたものを消化しようと働きます。その際には、消化機能を活性化するために全身の血液の多くが使われるため、他の機能が若干機能低下してしまうのです。寝る前に暴飲暴食をすると、本来なら寝ている間に行われる新陳代謝が十分に行われないだけでなく、消化機能も十分に食べたものを消化できないまま消化不良の状態となってしまい、消化されなかった食べ物が体脂肪として蓄積されやすくなります。暴飲暴食をするのはどんな時でもNGですが、特に寝る前の2時間ぐらいには、あまり高脂肪や高カロリーなものは控えたほうが良いでしょう。

睡眠時間、長すぎない?

毎日睡眠不足になってしまうのは健康にとってマイナスの影響があることは多くの人が知っていますが、毎日寝すぎというのも実は、健康にとってはあまり良くありません。大切なのは睡眠時間ではなく、いかに限られた時間でグッスリ眠るか、その質です。短い睡眠時間でも熟睡できれば、翌朝の目覚めはシャキッとできるのです。

熱すぎるシャワーはダメ

汗をかいた時に気持ちよいシャワーですが、あまり熱すぎるシャワーを使ったり、石鹸をつけてゴシゴシと皮膚をこすってしまうと、皮膚に必要な皮脂までも取ってしまうので、肌は乾燥してバリア機能が落ちる原因となってしまいます。乾燥肌や敏感肌の人なら、汗をかいていない時にはシャワーを浴びない日があっても良いですし、浴びる際にもできるだけ低温にすることで対応しましょう。

過剰な掃除

自宅の掃除が大好きな人はたくさんいます。しかし、掃除の際にスプレーなどをたくさん使う人は、もしかしたらぜんそく発症リスクを高めているかもしれません。スプレーを使用してお掃除をする習慣がある人は、喘息になる確率が40%高いというヨーロッパの研究結果がありますし、過剰な掃除で完璧主義になってしまい、ストレスをためやすくなってしまうこともあります。

夕食後にリラックスしすぎる

食事の後は、じっとリラックスすることが至福の喜びと言う人は多いものです。しかし、食べた後に体をほとんど動かさないことは、体脂肪をつきやすくしてしまうだけでなく、消化機能を鈍化させてしまう原因にもなるので気を付けましょう。夕食の後にウォーキングをしたりストレッチをして体をうごかしてあげると、エネルギー消費ができて健康法やダイエットにもなります。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る