本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

動物園に行けば赤ちゃんのアレルギー対策になるって本当?

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が強い

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんのお腹にいた時に母体から免疫機能をそのまま受け継いでいるので、生まれて数か月間は病気や風邪などにかかりにくくなっています。月齢を重ねるごとに、自然と母体からもらった免疫機能が減少し、自分自身で免疫機能を構築していくわけですが、免疫機能は生まれてから最初の2年ぐらいの間に大半の部分が完成するので、この時期にはできるだけたくさんの環境を経験させ、免疫機能をしっかりと鍛えてあげることが必要です。

おすすめなのは動物園

赤ちゃんが生まれた時から自宅でペットを飼っている家なら、ペットがふりまくアレルゲンに対して赤ちゃんは常にさらされている状態になるので、免疫機能を鍛えることができます。しかし、動物園なら、もっとたくさんの動物がいますし、空気中にもたくさんのアレルゲンが浮遊していますから、そうした空気に赤ちゃんをふれさせることによって、免疫機能を強くすることができます。動物のすぐ近くまで行かなくても動物園にはたくさんのアレルゲンが存在しているので、定期的に動物園に足を運ぶだけでも大きな効果が期待できるでしょう。

免疫力を鍛えるとこんなメリットが

赤ちゃんの免疫力を鍛えてあげると、成長する段階において、あまり風邪を引いたり病気にかかりにくい強い体質を作ることができます。生まれたばかりの時に滅菌されたような環境でずっと生活している子供は免疫力が弱く、動物園のような環境に行っただけでも急き込んでアレルギー反応を起こしてしまったり、わずかなウィルスでもすぐにうつって病気になってしまうことが多くなります。

こんな事もおすすめ

赤ちゃんの免疫機能を鍛える方法は、動物園に行ったり自宅でペットを飼うだけではなく、他にもたくさんの方法があります。例えば、家の中や外では、安全な場所なら出来るだけ裸足教育をするのも良いでしょう。また、外出先から帰ったら手を洗ってうがいをする習慣をつけることは大切ですが、市販されているような殺菌ジェルを使ってしまうのはNGです。手を洗って大半の菌やウィルスを落としても、少し残っているぐらいの方が免疫力アップには役立つからです。あまり極端にならない程度に、赤ちゃんを細菌やウィルス、アレルゲンに触れさせてあげることによって、成長する過程ではアレルギーを起こしにくい体質づくりへとつながります。ただし、激しくせき込んだり肌がかゆくなってブツブツができたり、アレルギー反応を起こした場合には、無理にその場にいることなく、直ちに避難して適切な処置を行うようにしましょう。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る