本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

増え続けるシミをストップさせるのに必要なこと

シミができる仕組み

肌が紫外線に当たると、肌の内側でメラニン色素が作られます。これがシミの原因です。服についたシミと同じように、肌の内側に作られたシミも、できた直後なら美白成分で分解することができますが、同じ場所に何度も紫外線が当たることによって色が濃くなったり、周囲のメラニン色素とつながって大きなシミになってしまうこともあります。メラニン色素はメラノサイトという細胞で作りだされるのですが、実は肌を紫外線によるダメージから守ってくれる自己防衛機能を持っています。例えば、メラノサイトが少ない色白の人は、紫外線に当たると肌が真っ赤になって火傷の状態になってしまうことがあります。しかし、地黒の人ならもともとメラノサイトを多く持っているので、紫外線に当たるとメラノサイトからメラニン色素がつくられ、 肌を小麦色にすることによって火傷しないように守ってくれているのです。

シミができるまでの時間

紫外線を浴びると、肌の内側でメラニン色素が作られますが、今日作られたメラニン色素が明日シミとして肌表面に現れるというわけではありません。メラニン色素は肌の内側の奥深い部分で作られるので、肌の新陳代謝などによって長い期間をかけて少しずつ肌表面へ近づき、5年後、10年後という長い期間を経てシミとなって現れることがあります。そのため、今肌の表面にできているシミは、もしかしたら若い頃の無防備な日焼けが原因のシミかもしれないのです。

シミができたらどうすればよい?

シミができてしまったら、美白成分がたっぷり配合されたスキンケアで少しずつケアするか、たっぷり睡眠時間を確保して肌のターンオーバーを促進させるか、またはクリニックでレーザー治療を受けてサッと取り除くかなど、たくさんの治療法があります。長い年月をかけて作られたシミをスキンケアで消すには、それなりの期間がかかるので、今すぐにシミをなくしたい場合にはレーザー治療を受けるのがおすすめです。

シミを予防する食べ物

シミを予防するためには,抗酸化作用の高い食べ物を積極的に食べると良いでしょう。例えば、ビタミンCがたっぷり含まれているフルーツや野菜を食べるのも効果的ですし、ポリフェノールやリコピン、カテキンなど、抗酸化作用が高い成分はたくさんあります。これらの成分は水溶性のため、大量に摂取しても過剰な分は尿として流れてしまうので、少量をこまめに食べるように工夫することも、シミ予防につながります。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る