本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

いつまでも悩まないために!更年期の始まりと終わり

更年期が起こるのは閉経の前後5年間が目安

女性だけでなく男性でも年齢を重ねることによってホルモン分泌が低下し、体内のホルモンバランスが崩れることによって更年期障害と呼ばれる症状が現れやすくなります。女性の場合には、閉経の平均年齢は50歳と言われているため、その前後5年ずつとなる45歳〜55歳ぐらいまでは更年期障害が起こりやすい年齢と言えるでしょう。ただし、近年では男性と同じようにフルタイムで仕事をする女性が増えていて、そのストレスレベルもかなり高く、30代後半から40代前半にかけても、すでに更年期障害と良く似た症状が出ることがあります。閉経にはまだ年数があるのに出る症状は、プレ更年期障害と呼ばれていて、体内のストレスレベルが下がったり、リラックスできる環境になることによって症状は自然に収まる傾向にあります。

ある日急に始まることも

更年期障害の症状には、顔が火照ったりのぼせたり、大量に汗をかいたり動悸がするなど自分ではっきりと自覚できる症状があるだけでなく、原因があるわけではないのに不眠が続いたり、気分が鬱になりやすいなど、すぐには気付きにくい症状が出ることもあります。すべての人がこれらの症状全てを経験するわけではなく、人によってはほとんど更年期障害の症状が出ない人もいれば、日常生活に支障が出てしまうほど重度の場合もあるため、実際に起こってみなければ分からないことが多いものです。また、始まりは、これらの症状が数日間出て収まったり、たまに起こるなど、「あれ、おかしいな?」と言うぐらいの頻度で起こることが多く、閉経が近づくにつれて、こうした症状が頻繁に起こりやすくなってしまいます。

更年期障害はずっと続くわけではない

更年期障害は、ホルモンバランスの崩れが原因で起こりますが、閉経を境にしてホルモンバランスが自然に安定してくるため、長くても閉経から5年ぐらいで不快な症状が自然に収まることが多いものです。日常生活に支障が出てしまう場合には、病院でホルモン療法などの治療を受けることもできますが、たまに症状が出る程度や、我慢できる程度の場合には、特に治療をしなくても問題ありません。更年期障害が終わるサインは、こうした症状が起きる頻度が少しずつ少なくなることが多いと言われています。それまで鬱状態が続いていた人でも「今日はなんとなく気分が明るいな」と感じる日が週に1日から2日に増え、それが気づいたらほとんど鬱にならなくなった、なんてことになります。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る