本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

更年期かもしれない?症状が当てはまったら危険信号です

女性なら誰でも経験する更年期

女性の平均的な閉経年齢は50歳と言われています。もちろん個人差はありますが、この閉経年齢の前後5年間ぐらいは体内のホルモンバランスが崩れやすくなり、更年期障害と呼ばれるトラブルを起こしやすくなります。これは、それまで体内で分泌されていた女性ホルモンが老化現象によって分泌されにくくなるために起こる症状で、人によってどのような症状が出るかは異なりますし、どのぐらいの度合いで症状が出るのかも異なりますが、自律神経失調症の一種と考えられています。

こんな症状が出たら要注意

40歳を過ぎたころから、女性には毎日の生活の中で、これまで経験したことがないような症状を経験するようになります。例えば、周囲の人は暑くないのに自分だけが暑くて大汗をかいたり、突然体がカーッと熱くなって火照ってしまうホットフラッシュなどは多くの人が経験する症状ですし、特に原因があるわけではないのに気分がドンと落ち込んでふさぎ込んでしまう鬱の症状や、動機や息切れめまいを経験する人もたくさんいます。その他には、過食気味になってしまったり、冷え性がひどくなってしまう事もあるようです。

これらの症状の中で複数思い当たる節があれば、もしかしたら更年期障害の可能性があります。日常生活に支障が無い範囲なら、特に治療をする必要はありませんが、日常生活や社会生活に影響が出てしまうほどひどい場合や、寝たきりになってしまうような場合には、産婦人科を受診して適切な治療を受けることができます。

更年期症状の治療法

更年期は、女性なら誰もが通る通過点です。疾患や病気と言うわけではないので、絶対に治療をしなければ治らないというわけではありません。特に治療を行わない場合でも、閉経の前後5年位で更年期障害は自然となくなるので、以前のようなはつらつとした毎日を送れるようになります。しかし、症状がひどくて毎日の生活がつらい場合には、婦人科でホルモン療法などの治療を受けることも可能なので、一人で悩まずにぜひ専門家に相談してみてください。ホルモン療法というのは、体内で不足する女性ホルモンを体の外から補給しようという治療法の一つで、注射で補給したり、内服薬などを使う場合などもあります。どのような症状が出るかは予想することができませんし、どんな度合いで出るのかも前もって知ることはできないので、万が一更年期らしい症状が出ても、一人で悩まずに適切な治療を受ければ、元通りに快適な毎日を送ることができます。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る