本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

こんなに簡単!病気にならない方法はおばあちゃんを見習え

おばあちゃんに聞く「乗り物酔い防止」

温かい季節になると、全国各地の観光地は、多くの家族連れやカップルなどでにぎわいます。電車や車、飛行機など公共の乗り物に普段乗り慣れていない人でも、こういうイベントの時には乗ることが多いのではないでしょうか。せっかくの楽しい旅行や行楽でも、乗り物酔いをしてしまったのでは台無しになってしまいます。乗り物酔いを飲み忘れてしまった、近くにはどこにも売っていない!と言う場合には、おばあちゃんが古くから活用している方法を活用すれば、乗り物酔いを防止することができます。まず、レモンやオレンジなど柑橘系のものは乗り物酔いの原因となるので控えたほうが良いでしょう。

免疫力を上げて病気をしない体にする方法

おばあちゃんはただ長く生きているわけではありません。長い人生経験の中で、知っていると役に立つ便利な知恵の宝庫です。おばあちゃんが生まれた時代には、今のように便利な医薬品なども充実していませんでしたから、普段の食生活の中で、健康になる食材を積極的に食べたり、病気にならないように特定の食材を食べるように心がけるなど、生活の知恵もたくさん知っています。そんなおばあちゃんがおすすめする免疫力アップの食材は、コンニャクです。スーパーで売っている一般のコンニャクで良いので、体調が悪い時や元気が出ない時などには、コンニャクを10分ぐらい煮てから食べましょう。「こんにゃく湿布」として煮たこんにゃくをタオルに巻いてお腹の辺りに乗せて温めるというのも効果が期待できる方法です。万が一の時には食べてもヘルシー、お腹にあててもヘルシーな食材なので、常に冷蔵庫に常備しておきたいものです。

ツボを押すのも効果的

乗り物酔い予防に効果的なツボを押す方法もおすすめです。乗り物に乗る前に手首の内側の中央部分にある内関というツボを押すと、酔いにくくなりますし、すでに気持ち悪くなってしまった時にも効果が期待できます。その他、酔いやすい人はめまいが起きることも多いものですが、めまいに効果的なのは、耳たぶを前に倒した時に、耳たぶの少し後ろ側にできるへこんだ部分にあるケイミャクというツボは、めまいが起きている時に押してあげるとスッキリ解消することができます。こうしたツボ押しは、薬がなかった時代には、おばあちゃんから教えてもらう生活の知恵だったのかもしれませんね。近年では乗り物酔いのための薬もありますが、うっかり忘れてしまった時や、思いがけず寄ってしまった時にぜひ活用してください。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る