本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

肌トラブルと老化現象は切っても切れない関係だった

肌トラブルと老化現象の関係とは

肌トラブルと老化現象には全く関係がないと思っている人は多いはず。しかし、肌トラブルによって老化現象に拍車がかかってしまうこともありますし、逆に老化現象によって肌がトラブルを起こしやすくなってしまうこともあります。

例えば、紫外線を無防備に浴びてしまうと、シミができやすくなったり肌が乾燥しやすくなってしまいます。こうした状態が継続すると、保湿ケアをしている人の肌と比べると肌が乾燥し、同じ年齢でも乾燥が原因のたるみやくすみが起こりやすくなりますし、シミは紫外線を浴びてから10年ぐらい経ってから現れることも多いため、40代を超えたあたりから一気に増えてしまうなんてこともあります。

老化現象では肌にどんなトラブルが起こりやすい?

老化現象によって肌がトラブルを起こしやすくなることもあります。

まず、女性は誰でも遅かれ早かれ閉経を迎えますが、閉経に向かって女性ホルモンの分泌が確実に減少し、代わりに男性ホルモンの分泌量が少し増えることになります。女性ホルモンが減ることによってニキビができやすくなったりするトラブルを抱える人は決して少なくなく、若い頃には美肌だったのに30代後半や40代になって急にニキビができやすくなったという人がたくさんいます。

また、年齢とともに新陳代謝が低下するので、肌はどうしても乾燥しやすくなってしまいます。肌がくすみやすくなったり、弾力を失ってたるみやすくなるのは、老化がもたらす肌トラブルと言えるでしょう。

老化と肌トラブルを予防する方法

老化現象は誰にでも起こるものなので、完全に防ぐことはできません。しかし、普段のスキンケアを見直したり、生活習慣を改善することによって、その進行を遅らせることはできますし、肌トラブルを防ぐ効果も期待できます。

たとえば、スキンケアを選ぶなら、年齢を重ねた肌にとって効果の高い成分が充実しているアンチエイジング用のものを選ぶのが良いでしょう。また、食生活ではできるだけホルモンバランスを整えてくれる働きのある食材を選ぶのもおすすめです。

「睡眠は最高の美容液」と呼ばれているように、睡眠時間をきちんと毎日確保することも、アンチエイジング効果と肌トラブル予防効果が期待できるので、睡眠は毎日最低でも7時間ぐらいは確保したいものです。特に、お肌のゴールデンタイムである夜10時から深夜2時ぐらいまでは、できるだけ熟睡していることが必要です。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る