本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

[大丈夫?はいらない]落ち込んでいる時に聞きたい言葉はこれだった

かけてしまいやすい「大丈夫?」はNGワード

仕事や人間関係でなかなか上手くいかず、落ち込んだり心が折れてしまうことは、誰でも一度や二度ぐらい経験したことがあるのではないでしょうか。落ち込んでいる時には、誰にも邪魔されたくないという人もいれば、誰かに心のうちを聞いてもらいたいという人もいるものです。私たちの周りで落ち込んでいる人がいると、つい心配で良心から「大丈夫?」と声をかけてしまいがちですが、これはその人の気持ちを救えないどころか、ますますイライラさせてしまいかねないので注意しましょう。落ち込んでいる人が聞きたいのは、自分の話を聞いて、自分を肯定してくれる言葉なのです。悩みを打ち明けられた時でも、決してその人を説教したりたしなめたりするのではなく、その人の気持ちを理解して同調する言葉をかけることが、悩んでいる人の気持ちをスッと軽くしてくれるのです。

男性がかけてほしい言葉は「そういう所があなたの良い所」

落ち込んでいる時や心が折れてしまっている時には、なぜそんな事態になってしまったのか、本人でも理解できないことが多々あるものです。そんな時に、「そういう所があなた(君)の良い所だね」と長所を褒めてもらえると、悩んでいる人にとっては気持ちが救われることも少なくありません。また、必死に頑張り続けてきてても目標を達成できずに落ち込んでいる場合には、「頑張ろう」なんて言葉をかけるのは、「言われなくても頑張ってるよ!」という気持ちになってしまうのでNGです。なかなか見つからない慰めの言葉を探すよりは「頑張ったね」と一言声をかけて、すぐそばに寄り添うだけでも、気持ちが軽くなります。

ポイントは「悩みを分かち合う」

悩んでいる人にとっては、自分の悩みを他人に聞いてもらったところで、悩みが解決しないことは十分に理解しています。ただ誰かに気持ちを聞いてもらうだけで、心がスッと楽になるのです。悩みを聞く側のポイントとしては、「自分の意見を言うのではなく、相手の話に徹底的に同調し、悩みを分かち合う」という姿勢です。人に話を聞いてもらい、同調してもらえることによって気持ちが軽くなりますし、またやる気が出て頑張ろうという気持ちにもなるものです。そうした気持ちは自然に湧き起こるものなので、決して他人から「しっかりしなさいよ!」「そのぐらいのことで落ち込むなよ!」「がんばれよ!」と声をかけられて湧き起こるものではないのです。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る