本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

赤ちゃんのアトピーを予防するためにママがやっておきたいこと

赤ちゃんの皮膚はとても繊細

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとっても繊細です。そのため、ママが赤ちゃんを取り巻く環境の全てに気をつけて、できるだけトラブルを起こさないように工夫してあげたいものです。例えば、極度の敏感肌と言われているアトピー肌は、遺伝的な要素もあるので、生まれた時からアトピーになりやすい子供はいます。しかし、生活する環境によってアトピーが発症しやすいかどうかが異なりますから、たとえママがアトピーで悩んでいる人でも、環境次第では赤ちゃんはアトピーにならずに済むこともあるのです。

まずは、空気が乾燥しすぎないように、部屋をしっかりと保湿してあげると同時に、肌に負担をかけないベビーローションなどで、大切な赤ちゃんの肌が乾燥しすぎないように保湿ケアをしてあげることから始めてみてはいかがでしょうか?

肌が乾燥してしまうと、痒くなって赤ちゃんは耐えられずにひっかいてしまいます。それが更なるトラブルへと続いてしまうので、できるだけトラブルの原因となる乾燥を防ぐことが、アトピー予防につながります。

免疫機能の強化もおすすめ

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの母乳やミルクから栄養をもらっているので、自分で栄養バランスを考えた食生活ができるわけではありません。通常の場合には、生後3か月ぐらいから赤ちゃんの肌は少しずつ強くなっていくのですが、もともとアトピーになりやすい傾向にある赤ちゃんや、肌が弱い場合などには、生後いくら経っても肌が弱くてわずかな刺激でアトピーになってしまうことも考えられます。

皮膚が弱いと慢性的な細菌感染が起こりやすくなり、体の自衛反応によって皮膚毒素を作りだしてしまいます。これがアトピーの湿疹をさらに悪化させる原因となってしまいます。そうした悪循環に陥らないためには、母乳の時にはお母さんがしっかりと免疫機能強化の作用がある食生活を心がけ、赤ちゃんの離乳食などにも免疫機能を強化する働きのある食材を積極的に使うなどの工夫が必要です。

掃除はこまめに

気密性の住宅が増えている昨今では、家屋の中のダニも増えていると言われています。ダニはアトピーの原因となりやすいので、できるだけ部屋の中に存在するダニを撃退することも、赤ちゃんのアトピー予防でママがしてあげられることの一つとなります。掃除をする際には、上から下に向かって掃除を行い、窓はしっかり開けて換気するのも良いですし、カーペットからフローリングにすることによって、お掃除もしやすくなり、ダニも減らすことができます。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る