本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

趣味を持つ人間と仕事人間を比較すると寿命がこんなにも違う?

たかが「趣味」されど「趣味」

学校を卒業してから仕事一筋に働いてきた中高年の中には、趣味は仕事と言う人も多いのではないでしょうか。しかし、趣味を持たずにひたすら仕事をしていても、つらい事も忘れて楽しめるような仕事でない限りは、体のどこかでストレスを感じたり、イライラすることもあるのではないでしょうか。趣味を持ち、日ごろの嫌なことも忘れて打ち込める時間を確保することによって、体内の活性酸素が分解されるので、ストレス解消効果やイライラ解消効果が期待できます。たかが趣味と思っていても、長期的には老化を早める原因となる活性酸素を効率的に分解できる作用を持つ趣味を持つことによって、寿命を長くしたり、認知症を予防する効果も期待できるのです。

健康寿命の差

健康寿命というのは、認知症などの疾病にもかからず、独立して生活を営むことができる年齢のことで、日本人の場合には、男性の健康寿命は71歳、女性の場合には74歳という平均となっています。つまり、この年齢を超えると老化によっていろいろな疾病にかかりやすくなってしまうというわけです。しかし、その年齢までどのような生活をしてきたかによっては、健康寿命を長くすることも短くする可能性もあります。例えば、仕事人間の中には、一日中デスクワークやパソコンに向かって過ごす人も多いと思いますが、体を動かさずにじっと座っているという行為によって、寿命は短くなるという研究結果がイギリスのスポーツ医療ジャーナル誌から発表されています。また、ストレスを強く感じることによって精神疾患を起こしやすくなるだけでなく、免疫機能が低下することによってガンなどの疾病を発症しやすくなっったり健康を脅かすリスクが高くなるため、寿命が短くなることが分かっています。

寿命を伸ばすためのコツ

寿命を伸ばすためには、まず趣味を持つようにしましょう。趣味の種類は何でも良いので、嫌なことを忘れて楽しく時間を過ごせるものを見つけたいものです。アウトドアでも良いですし、読書をしたり模型作りをするのもおすすめです。そして、毎日楽しいと思える趣味の時間を5分でも10分でも良いので確保することによって、体内の活性酸素を効率的に分解し、体の老化を遅らせることができるのです。特に趣味が見つからない場合には、ヘルシーで美味しい食事を楽しむ、なんて簡単なことでもOKです。大切なのは「楽しい!」と思える時間を毎日確保することなのですから。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る