本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

Category Archives: 病気

肌トラブルと老化現象は切っても切れない関係だった

肌トラブルと老化現象の関係とは

肌トラブルと老化現象には全く関係がないと思っている人は多いはず。しかし、肌トラブルによって老化現象に拍車がかかってしまうこともありますし、逆に老化現象によって肌がトラブルを起こしやすくなってしまうこともあります。

例えば、紫外線を無防備に浴びてしまうと、シミができやすくなったり肌が乾燥しやすくなってしまいます。こうした状態が継続すると、保湿ケアをしている人の肌と比べると肌が乾燥し、同じ年齢でも乾燥が原因のたるみやくすみが起こりやすくなりますし、シミは紫外線を浴びてから10年ぐらい経ってから現れることも多いため、40代を超えたあたりから一気に増えてしまうなんてこともあります。

老化現象では肌にどんなトラブルが起こりやすい?

老化現象によって肌がトラブルを起こしやすくなることもあります。

まず、女性は誰でも遅かれ早かれ閉経を迎えますが、閉経に向かって女性ホルモンの分泌が確実に減少し、代わりに男性ホルモンの分泌量が少し増えることになります。女性ホルモンが減ることによってニキビができやすくなったりするトラブルを抱える人は決して少なくなく、若い頃には美肌だったのに30代後半や40代になって急にニキビができやすくなったという人がたくさんいます。

また、年齢とともに新陳代謝が低下するので、肌はどうしても乾燥しやすくなってしまいます。肌がくすみやすくなったり、弾力を失ってたるみやすくなるのは、老化がもたらす肌トラブルと言えるでしょう。

老化と肌トラブルを予防する方法

老化現象は誰にでも起こるものなので、完全に防ぐことはできません。しかし、普段のスキンケアを見直したり、生活習慣を改善することによって、その進行を遅らせることはできますし、肌トラブルを防ぐ効果も期待できます。

たとえば、スキンケアを選ぶなら、年齢を重ねた肌にとって効果の高い成分が充実しているアンチエイジング用のものを選ぶのが良いでしょう。また、食生活ではできるだけホルモンバランスを整えてくれる働きのある食材を選ぶのもおすすめです。

「睡眠は最高の美容液」と呼ばれているように、睡眠時間をきちんと毎日確保することも、アンチエイジング効果と肌トラブル予防効果が期待できるので、睡眠は毎日最低でも7時間ぐらいは確保したいものです。特に、お肌のゴールデンタイムである夜10時から深夜2時ぐらいまでは、できるだけ熟睡していることが必要です。

お肌のトラブルは体の内側からも「病気」サインを出していた

内臓系の病気はお肌のトラブルを起こしやすい

体が異変を起こすと、体ではいろいろな症状が起こります。肌トラブルもその一つで、最近急に肌が乾燥しやすくなったり、肌がかゆくてたまらないなんて症状を起こしたりしたら、もしかしたら単なる肌の乾燥が原因というわけではなく、健康上のトラブルを抱えているサインなのかもしれませんから、見逃さずにきちんと適切な対策を取ることが必要になります。

内臓系の疾患は肌にトラブルが出やすいので、健康診断にしばらくいっていない人は、念のために健康診断を受けてみることをおすすめします。もちろん、肌トラブルが起きたら必ず内臓疾患にかかっているというわけではありませんが、目に見えない部分に起こる疾患は、なかなか早期発見することが難しいので、できるだけ早期発見と早期治療を目指すためにも、トラブルのサインはできるだけ早くにキャッチしたいものです。

どんな症状が出やすいのか?

肝機能が正常に機能しなくなってしまうと、体内の毒素が蓄積されやすくなってしまい、肌はすぐにトラブルを起こしてしまいます。例えばニキビなどができやすくなったり、肌が乾燥してくすみやすくなったり、ギトギトしやすくなった場合などには、まずは1週間ぐらい十分な睡眠時間を確保したり、スキンケアでは保湿ケアを心がけたりしながら様子を見て、思い当たる原因もなければ症状もなかなか改善できないという場合には、内科を受診してみると良いでしょう。

また、糖尿病が進行すると、肌は乾燥しやすくなります。

乾燥肌を引き起こす原因はたくさんあり、肌が乾燥していれば必ず糖尿病というわけではありませんが、肌が乾燥する原因に思い当たる節がない場合には、健康診断を受けてみるのも良いでしょう。

乾燥肌はどのような原因でも、放置するとどんどん進行し、やがては敏感肌やアトピー肌にもなりかねません。原因を見つけて早期対処することが、肌トラブルを改善するポイントです。

便秘も肌トラブルを起こしやすい

深刻な病気でなくても、便秘などが原因で肌トラブルが起こりやすくなってしまうことがあります。便秘になると、腸内に食べ物がどんどん蓄積され、腐敗によって毒素が発生し、それが血液を通して全身に運ばれてしまうため肌も乾燥しやすくなったりニキビができやすくなってしまいます。

毎日スッキリできない人は、食物繊維を積極的に食べたり、たっぷり水分を補給して適度に体をうごかすなど工夫することによって、できるだけ体内の毒素量を減らすべく、毎日の生活を見直してみましょう。

アトピーは「なおす」よりも「正しく付き合う」ことが大事だった

アトピーは治らない?

アトピーの原因には遺伝性のものもあれば、生活習慣や間違ったスキンケアなど後天的なものもありますが、いちど発症してしまうと治療するにはかなり時間がかかってしまいます。

アトピーになると、肌はわずかな刺激に対しても敏感に反応してしまいますし、肌細胞が皮膚毒素を出すので、湿疹が起こりやすく、普段通りのスキンケアもできなくなってしまうことが多くなります。こうした症状は本当にイライラするものですし、日常生活の中でもかゆみや赤みがひどく、憂鬱になってしまうことも少なくありません。

今すぐに治療したい!と思っても、一朝一夕に完治できる疾患ではないので、今すぐに治そうと考えるよりも、上手に付き合って苦痛やストレスを除去しながら気長に治療をしようというスタンスに変えることによって、ずいぶん気持ちが楽になります。

肌のターンオーバーで少しずつ改善できる

どんな肌質の人でも、肌細胞は毎日ターンオーバーを行って、内側から新しい細胞が作られています。新しい細胞は時間をかけて少しずつ肌の表面近くに上昇し、最終的には垢となって剥がれ落ちるわけですが、肌のターンオーバーによって作り出される細胞には水分も多く含まれていてアトピーになりにくいので、肌のターンオーバーを正常な状態に近づけてあげることが、アトピーと上手に向き合いながらも積極的な治療ができるポイントとなります。

肌のターンオーバーは新陳代謝の一環で、眠っている間に集中して行われるという特徴があるため、アトピー肌で悩んでいる人は、毎日しっかり睡眠時間を確保して、できるだけ新陳代謝で自然にアトピー肌の改善ができるように努めると良いでしょう。

気になる症状を抑えるコツ

アトピー肌で困るのは、止まらない肌のかゆみ、そして他人からもはっきりと見えてしまう肌の赤みではないでしょうか。

肌のかゆみは乾燥が原因となることが多いため、敏感肌用やアトピー肌用に開発されている低刺激タイプの化粧水を使い、たっぷりと保湿ケアを心がけるようにしてください。化粧水は何回も重ねづけをして、できるだけ肌の内側まで水分補給を出来るように心がけ、その後には与えた水分が逃げないように保湿クリームや乳液などで蓋をしてあげることが大切です。セラミドが配合されているものなら、短期間でも大きな効果が期待できます。

肌が保湿されることによってかゆみが少なくなりますし、炎症も起こしにくくなるので、アトピーの気になる症状を抑えて毎日を楽に過ごせるようになります。

試してみたい!アトピーを改善する裏技

アトピーは究極の敏感肌

アトピー肌は、遺伝性の原因によって赤ちゃんの頃から発症してしまう場合もあれば、生活環境や間違ったスキンケアなどによって大人になってからアトピーになってしまうケースもたくさんあります。乾燥肌が進行すると、肌のバリア機能が低下し、わずかな刺激に対してもトラブルを起こしやすい敏感肌へと移行してしまいます。その敏感肌がどんどん進行すると、肌が持つ自衛本能によって体を外の有害成分から守ろうとして皮膚毒素を作り出すため、それが湿疹の原因となり、アトピー肌となってしまいます。

アトピー肌は、できるだけ発症しないような普段の生活習慣やスキンケアを心がけることが大切ですが、万が一かかってしまった場合でも、根気よく普段の生活習慣やスキンケアを見直すことによって少し実改善することが可能です。

スキンケアは徹底した保湿ケアを

アトピーになると、わずかな化粧水による刺激などでも、肌が炎症を起こしてしまうことが多くなります。化粧水を選ぶ際には、敏感肌用やアトピー肌用に開発されている低刺激タイプや無添加タイプのものを選びましょう。化粧水をつけるとかゆくなるから使わないのでは、肌がますます乾燥してしまうだけですから、肌に合うものを探してしっかり保湿してあげることが大切です。

化粧水を選ぶ際には、アトピー改善効果のあるセラミドが配合されているものを選ぶのがおすすめです。保湿成分の一つでもあるセラミドは、細胞同士の隙間に入り込んでバリア機能を改善する働きが期待できる成分です。同じ保湿成分でも、ヒアルロン酸は肌細胞の内側を水分で満たしてくれる働きをしますが、セラミドは肌細胞の隙間を水分で満たしてくれるので、作用は異なります。

食生活は免疫機能を強化できる食材を選ぼう

アトピー肌は、体の免疫機能が低下しているために、わずかな刺激に対しても肌が過剰に反応している状態のことです。肌に直接保湿ケアを行って肌のバリア機能をアップする改善方法も有効ですが、体の内側から免疫機能を強化することによって、わずかな刺激物質にも負けない強い体を作る方法もおすすめです。

肌や粘膜の強化作用を持つビタミンBや、体内の毒素を排出してくれる食物繊維、高い保水作用を持つムチンやフコイダン、体内で新しい細胞を作り出す機能を活性化するビタミンEなどが含まれている食材を積極的に選ぶと良いでしょう。食材でいうなら、緑黄色野菜やフルーツ、根菜、海藻などがおすすめです。

赤ちゃんのアトピーを予防するためにママがやっておきたいこと

赤ちゃんの皮膚はとても繊細

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとっても繊細です。そのため、ママが赤ちゃんを取り巻く環境の全てに気をつけて、できるだけトラブルを起こさないように工夫してあげたいものです。例えば、極度の敏感肌と言われているアトピー肌は、遺伝的な要素もあるので、生まれた時からアトピーになりやすい子供はいます。しかし、生活する環境によってアトピーが発症しやすいかどうかが異なりますから、たとえママがアトピーで悩んでいる人でも、環境次第では赤ちゃんはアトピーにならずに済むこともあるのです。

まずは、空気が乾燥しすぎないように、部屋をしっかりと保湿してあげると同時に、肌に負担をかけないベビーローションなどで、大切な赤ちゃんの肌が乾燥しすぎないように保湿ケアをしてあげることから始めてみてはいかがでしょうか?

肌が乾燥してしまうと、痒くなって赤ちゃんは耐えられずにひっかいてしまいます。それが更なるトラブルへと続いてしまうので、できるだけトラブルの原因となる乾燥を防ぐことが、アトピー予防につながります。

免疫機能の強化もおすすめ

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの母乳やミルクから栄養をもらっているので、自分で栄養バランスを考えた食生活ができるわけではありません。通常の場合には、生後3か月ぐらいから赤ちゃんの肌は少しずつ強くなっていくのですが、もともとアトピーになりやすい傾向にある赤ちゃんや、肌が弱い場合などには、生後いくら経っても肌が弱くてわずかな刺激でアトピーになってしまうことも考えられます。

皮膚が弱いと慢性的な細菌感染が起こりやすくなり、体の自衛反応によって皮膚毒素を作りだしてしまいます。これがアトピーの湿疹をさらに悪化させる原因となってしまいます。そうした悪循環に陥らないためには、母乳の時にはお母さんがしっかりと免疫機能強化の作用がある食生活を心がけ、赤ちゃんの離乳食などにも免疫機能を強化する働きのある食材を積極的に使うなどの工夫が必要です。

掃除はこまめに

気密性の住宅が増えている昨今では、家屋の中のダニも増えていると言われています。ダニはアトピーの原因となりやすいので、できるだけ部屋の中に存在するダニを撃退することも、赤ちゃんのアトピー予防でママがしてあげられることの一つとなります。掃除をする際には、上から下に向かって掃除を行い、窓はしっかり開けて換気するのも良いですし、カーペットからフローリングにすることによって、お掃除もしやすくなり、ダニも減らすことができます。

あなたはどのタイプ?ストレス解消に最適な発散方法

MIYAKO85_maihamabeach20140726

一人で発散するタイプ

体に溜まったイライラやストレスを他人と共有することに意味や目的を見出さない人なら、一人で発散する方法がおすすめです。

バッティングセンターや1人カラオケなども良いですし、ランニングや森林浴などアウトドアでスッキリ発散する方法もおすすめです。

ストレス解消を意識していなくても、汗をかいたり体をうごかすことによって、体内からストレスを排出することができます。

友達と騒いで発散するタイプ

嫌なことを忘れるには友達とワイワイ騒ぐのが一番!と言う人なら、お友達と一緒に飲み会に参加したり、カラオケやボーリング、ディスコや遊園地など、大勢でワイワイ楽しめるイベントがおすすめです。

クヨクヨ考えていてもストレスの原因を取り除くことはできませんから、思い切り楽しんで忘れてしまうのも良い方法です。

映画を見て涙をながして発散するタイプ

涙を流すことによって、体内のストレス成分や毒素が排出できます。

うれし涙でも悲しい涙でも、感動の涙でも、悔しい涙でも、どんな種類の涙でも良いので、映画やドラマを見て大げさに泣いてみてはいかがでしょうか?

泣きつかれるほどに泣けば、気持ちがスッキリできます。

自分を癒して発散するタイプ

ストレス解消の最善策は、癒しによる方法です。

お風呂につかってリラックスしたり、アロマキャンドルの香りでストレスを癒したり、自分の気持ちを癒してあげることによって、ストレスが体内からスーッと排出されていくのを実感できるでしょう。

ペットの安らぎでストレス発散するタイプ

ペットにはストレスを解消するヒーリング効果があります。

純真な気持ちで自分を愛してくれるペットに寄り添えば、嫌なことも忘れて心が安らぎますし、ストレス解消効果が期待できます。

ペットは犬、猫、鳥など、自宅でペットとして可愛がっているものなら何でもOKです。

海外では、ペットセラピーと呼ばれるセラピーが民間療法として注目されているぐらい、大きくて確実なスッキリ効果が期待できます。

怒りをぶつけて発散するタイプ

ストレスやむしゃくしゃした気持ちは、怒りとしてモノにぶつけることでストレスを発散できる人もいます。
例えば、新聞紙や雑誌、電話帳などを思い切りビリビリに破ってエネルギーを発散したり、地面を踏みつけるように思い切り何度もジャンプして怒りを体外へ排出する方法も良いでしょう。

ただし、怒りをぶつける矛先が、自分だったり他人、ペットなどに向けないように注意してください。

ストレスはみんな抱えてる 危ないのはそれを吐き出さないこと

NOU86_tokainonagame

現代社会はストレスまみれ

ストレスを感じる原因はたくさんあります。

仕事のこと、人間関係など、社会生活を営んでいる人なら年齢を問わずに誰でもストレスを抱えていることが少なくありません。
しかし、几帳面な性格や完璧主義の人や、頑張り屋さんなど、性格によってストレスを溜めこみやすい人もいます。

目に見えるわけではないストレスは誰も感じるものですが、発散できずに体内に蓄積されてしまうと深刻な健康被害を及ぼすリスク因子となってしまうので注意しなければいけません。

ストレスを溜め込むメカニズム

MIMIYAKO85_nishinohamanomado20140727

ストレスは、脳で不快だなと感じると、その刺激は視床下部を介して自律神経や内分泌系の器官に影響を与えるだけでなく、血液中には活性酸素が大量に作られて、全身の機能が低下しやすくなってしまいます。

活性酸素は新陳代謝によって体外に排出されますが、ストレスが原因で不眠になったり、自律神経がバランスを崩してしまうと、ストレスがどんどん体内に蓄積されます。

やがてはうつ病などの精神疾患を引き起こしてしまったり、体内のあらゆる器官が機能低下して、生活習慣病の原因にもなってしまいます。

たかがストレスと軽く考えずに、ストレスを溜め込むとあらゆる疾患の原因になりかねないことを理解しましょう。

ストレスを溜め込むのはどんな人?

ストレスは誰でも感じるものですが、性格によって溜め込みやすい人と、そうでない人がいます。

ストレスを溜め込みやすい人の特徴は

◎几帳面で神経質な真面目タイプの人
◎責任感が強くて完璧主義の人
◎自分の気持ちをうまく表現することが苦手で自分の中に秘めてしまう人
◎他人の目が気になったり、他人に気を使いすぎてしまう性格の人

一方、ストレスが溜まりにくい人の特徴としては

◎自分をポジティブにとらえている人
◎主観的かつ楽観的に物事をとらえることができる人

例えば、仕事で失敗してしまった場合、「どうしよう、失敗してしまった。もうだめかもしれない」とクヨクヨしてしまう人は、ストレスを溜め込みやすい性格と言えるでしょう。

しかし、失敗しても「今回は失敗したけれど、次回は失敗しないように経験から学ぼう」と考えられる人は、ストレスを溜め込みにくい性格と言えます。

自分自身の性格を根本的に変えることは簡単ではありませんが、意識的に考え方を変えることによって、ストレスを溜め込みにくい性格へと変身できます。

プラセンタはこんなところにも!やる気が起きないプチうつ症状も改善?

ストレス社会で、ストレスを感じない人は少なくないでしょう。ストレスは、溜めこんでしまうと自律神経を乱し、どんどん体を蝕んでいきます。蝕まれた体は、精神的な疲労を訴えるようになり、下手をするとうつ病になってしまう恐れがあります。

ひと昔前はうつ病という病名はあまり聞かれませんでしたが、現代のストレス社会ではかなりメジャーなものになってしまいました。やる気がないだけ、気合いで頑張れるなどと言う古い考えの人は気にしないで、しっかり静養して治すことが必要な病気の一種です。

そもそも、うつ病になる原因は、自律神経の乱れが大きく関係しているといわれています。どんなに健康だと思っていても、知らないうちに悪化していきますから、不調を感じたらすぐに改善する必要があります。

プラセンタはプチうつ病にも効果あり?

一般的にプラセンタは、美容に良いとされる成分です。そのため、ほとんどの方は美肌やバストアップ、痩身などを期待されると思いますが、落ち込みやすい人やイライラしやすい人にも効果があるといわれています。

とはいえ、ひと口にうつ病症状といってもさまざまです。ネガティブからくるうつ病もあれば、不眠症からくるうつ病もあり、いろんなタイプのうつ病があります。軽度であればすぐに改善しますが、重度であればなかなか改善しないケースも少なくありません。ですから症状がひどい場合は、プラセンタを使用する前に一度医師に相談したほうが賢明でしょう。

しかし、軽度のうつ病であればプラセンタが役に立ちます。同時にホルモンバランスも整えてくれますから、ストレスが溜まりにくくなります。

豊富な栄養素もプチうつ病改善に繋がる?

プラセンタには、アミノ酸やたんぱく質など、豊富な栄養素が含まれています。ストレスを感じると、体はどんどん必要な栄養素を外へ出してしまいます。そのため、ビタミン類やミネラルなどを急激に消費し、疲れやすくなるといわれています。

プラセンタには、多くのビタミン類や酵素などが含まれています。酵素は、ストレス社会には欠かせない成分。現代人はこの酵素をどんどん消費してしまっています。結果、やる気が起きない、軽いうつ病、不眠症など不調を訴えるようになってしまいます。

しかし、プラセンタに含まれるビタミン類やミネラル、酵素やアミノ酸、たんぱく質を摂ることで新たな細胞を作り出し健全な体を目指すことができます。健全な体になっていくと、気分が落ちていたり、体調が優れないといった体の不調も次第に少なくなっていくことでしょう。

もちろん、規則正しい生活を送るようにすることも、うつ病改善には欠かせません。

更年期症状のつらさに打ち勝つ、プラセンタサプリの力とは

プラセンタは、更年期障害の症状の緩和にも役立つといわれています。更年期障害は、男性ホルモンが優勢になるため、女性に必要な女性ホルモンがどんどん減少していきます。そのため、更年期障害が起こると、閉経はもちろんのこと、イライラしやすくなり、のぼせたような症状が出るなどさまざまな不調を訴えるようになります。男性でも更年期障害はありますが、より症状が出やすいのは女性です。

そこで、プラセンタの出番というわけですね。サプリメントなら手軽に摂れるので、いつでもはじめることができます。また、サプリメントには長期的に見て体質を改善する効果が期待できます。よって、プラセンタを摂っている女性は更年期障害に悩まされることが少なくなるかもしれません。

プラセンタにはどんな力がある?

プラセンタとは、哺乳類の胎盤から抽出されたもの、胎盤は、胎児が成長するうえで欠かせない器官のことで、必要な栄養素を取り込み、不要なものを排除する働きがあります。もちろん、人も哺乳類ですから、胎児は胎盤によって成長します。哺乳類の赤ちゃんにとっては欠かせないものなのです。

そんな胎盤から抽出したものがプラセンタですから、当然高い効果を得られるのは当然。更年期障害をプラセンタで改善する治療は、もう50年以上前から行われています。ただし、治療に用いられているのは「ヒトプラセンタ」です。プラセンタ自体が紀元前から使用されていますから、とても歴史の古いものなんですよ。

更年期障害の症状とプラセンタの効果

更年期障害は、めまいや疲れ、頭痛などさまざまな症状があります。イライラしやすく心身が不安定になりやすいので、なかにはうつ病になってしまう方もいるといいます。これらの症状にプラセンタが良いといわれている理由は、先にも述べたようにプラセンタがホルモンバランスを整え、自律神経を整える効果があるからです。

これらはすべて、『成長因子』によるもの。また、プラセンタには成長因子以外に栄養成分も含まれており、この2つの有効成分が体内に働きかけ、バランスをとっていきます。バランスの整った体内は、めまいや頭痛、イライラといった不快を改善してくれます。

ちなみに、プラセンタの即効性を求めている方は注射を、緩やかに長期的に改善していきたい方はサプリメントがおすすめです。将来的に更年期障害の症状を和らげたい方は、早いうちからプラセンタサプリを摂っていると、辛い更年期障害を避けられるでしょう。

いつまでも悩まないために!更年期の始まりと終わり

更年期が起こるのは閉経の前後5年間が目安

女性だけでなく男性でも年齢を重ねることによってホルモン分泌が低下し、体内のホルモンバランスが崩れることによって更年期障害と呼ばれる症状が現れやすくなります。女性の場合には、閉経の平均年齢は50歳と言われているため、その前後5年ずつとなる45歳〜55歳ぐらいまでは更年期障害が起こりやすい年齢と言えるでしょう。ただし、近年では男性と同じようにフルタイムで仕事をする女性が増えていて、そのストレスレベルもかなり高く、30代後半から40代前半にかけても、すでに更年期障害と良く似た症状が出ることがあります。閉経にはまだ年数があるのに出る症状は、プレ更年期障害と呼ばれていて、体内のストレスレベルが下がったり、リラックスできる環境になることによって症状は自然に収まる傾向にあります。

ある日急に始まることも

更年期障害の症状には、顔が火照ったりのぼせたり、大量に汗をかいたり動悸がするなど自分ではっきりと自覚できる症状があるだけでなく、原因があるわけではないのに不眠が続いたり、気分が鬱になりやすいなど、すぐには気付きにくい症状が出ることもあります。すべての人がこれらの症状全てを経験するわけではなく、人によってはほとんど更年期障害の症状が出ない人もいれば、日常生活に支障が出てしまうほど重度の場合もあるため、実際に起こってみなければ分からないことが多いものです。また、始まりは、これらの症状が数日間出て収まったり、たまに起こるなど、「あれ、おかしいな?」と言うぐらいの頻度で起こることが多く、閉経が近づくにつれて、こうした症状が頻繁に起こりやすくなってしまいます。

更年期障害はずっと続くわけではない

更年期障害は、ホルモンバランスの崩れが原因で起こりますが、閉経を境にしてホルモンバランスが自然に安定してくるため、長くても閉経から5年ぐらいで不快な症状が自然に収まることが多いものです。日常生活に支障が出てしまう場合には、病院でホルモン療法などの治療を受けることもできますが、たまに症状が出る程度や、我慢できる程度の場合には、特に治療をしなくても問題ありません。更年期障害が終わるサインは、こうした症状が起きる頻度が少しずつ少なくなることが多いと言われています。それまで鬱状態が続いていた人でも「今日はなんとなく気分が明るいな」と感じる日が週に1日から2日に増え、それが気づいたらほとんど鬱にならなくなった、なんてことになります。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る