本当に満足した馬プラセンタサプリを厳選!馬プラセンタサプリ研究ラボ

Category Archives: 美容

女性だけじゃない!男性もプラセンタで得られる効能とは

プラセンタと言うと、『女性の美容のため』という認識が強いですが、実は男性にもおすすめの成分なのです。そのため、プラセンタの中には、『男性用プラセンタ』と書かれているものもあります。

女性のために作られているものですが、なぜ男性にもプラセンタはおすすめなのでしょうか?

男性にも女性にもプラセンタが良い理由

MIMIYAKO85_maehamadedate20140725

男性がプラセンタを摂取すると、『女性的になるのでは?』と心配される方も少なくないと思います。確かに、男性でヒアルロン酸やコラーゲンなどをまめに摂っていると、女性のように肌がツヤツヤになり、女性らしい体つきになるのは否定できません。しかし、プラセンタには決してそういった効果はありません。

もともと男性にも女性ホルモンは存在しますから、決して異常な行為ではありません。
男性で女性ホルモンが増えるということは、いわゆる抜け毛や薄毛を防止することができるようになります。抜け毛や薄毛になりやすい原因は、男性ホルモンの分泌量が多いことが関係しているといわれています。

プラセンタ自体にカロリーはほとんどなくプラセンタ=太るということはありません。ただし、摂取カロリーに気を付けることが大事です。

ストレスについて

PAK88_tokyoekihitogomi20150109174847

現代社会でストレスを感じていない人は、はたしているのでしょうか。生活していく中で、仕事をしている中で何かしらのストレスを抱えています。ストレスとは、蓄積していくにつれて自立神経を乱し、体に負担を与えてしまうことです。

そして、ストレスによって精神的な疲労や苦痛を抱え込んだ体や脳は、知らないうちにうつ病になってしまう恐れもあります。現代病のひとつともされているうつ病ですが、大きな原因のひとつに、自立神経の乱れが関係していると言われています。自分は健康だと思っていてもいつのまにか蓄積されたストレスが悪化し、うつ病になる恐れがあるのです。

プラセンタはうつ病の症状を改善する?

SAYA160105202992_TP_V

落ち込みやすい人、イライラしやすい人にも効果があるといわれています。

そうは言っても、うつ病というのはいろんな症状があります。ストレスからくるうつ病だったり、ネガティブ思考からくるうつ病だったり、不眠症からくるうつ病だったりと、タイプも様々です。重度のケースだとプラセンタを飲んだからといって改善していくには難しいかもしれません。重度だと思った際は、プラセンタを飲む前に医師に相談したほうがいいでしょう。ですが、軽度のうつ病であればプランセンタの出番かもしれません。

プラセンタが自立神経を安定させることにより、不安を抑えてくれます。同様に、ホルモンバランスも整えてくれますので、ストレスが溜まりにくくなるケースもあります。このことから、ストレスにもプラセンタは効果的だと言われています。

そして、上記でも述べたように、プラセンタには女性ホルモンを促進するエストロゲンの分泌量を手助けする効果があるため、イライラが軽減し穏やかな気持ちになれる効果が期待できます。男性ホルモンが多いとイライラしやすいと言われているため、女性ホルモンを取り入れてみるとイライラを収める手助けをしてくれるでしょう。

プラセンタは若返りの薬?

NKJ56_reikokkurengatatemono

プラセンタは紀元前から利用されていることをご存知でしょうか。数十年前からではなく、もっと古くから健康や美容として活用されていました。

当時は、薬として用いられていたため、中国では秦の始皇帝が不老不死の妙薬として用いられていたという一説もあり、さらに、唐の時代には漢方医学所の『本草拾遺』で、明の時代には『本草網目』に『紫河車』として紹介されたほど。現在でも、中国では漢方に欠かせない薬として紫河車が用いられています。

また、プラセンタはクレオパトラやマリーアントワネットが愛用していたことでも知られています。彼女たちは、プラセンタは『若返りの薬』として使用していたと言われています。近代ではマリリンモンローやオードリーヘップバーンも愛用していたことから、徐々にプラセンタが美容に欠かせないものとして注目されるようになりました。

もちろん、男性もプラセンタを摂ることで若返り効果が期待できます。肌もキレイになりますし、男性特有の吹き出物や肌荒れといったことも減るでしょう。近年は、美容にこだわっている男性も少なくありません。抜け毛や薄毛で悩んでいる方や、肌荒れを改善したい方は、プラセンタを摂ってみてはいかがでしょうか。

二酸化チタンが入っているプラセンタについて

NKJ56_okusurij_TP_V

最近のニュースで、”アメリカ癌学会は、地球上で5つの最も発がん性を有する物質の中に、「二酸化チタン」を挙げている”とありました。 そのせいか「二酸化チタン 危険」というフレーズが広がっています。二酸化チタンが入っていないプラセンタということで検索し、このページを訪れていただけた方がいらっしゃることでしょう。

このページでも紹介している馬プラセンタサプリTp200の成分表にも着色料(二酸化チタン)とあります。日本では、二酸化チタンを食品に使用する場合、着色のみの使用が認められており、着色の目的以外では使えないという制限があることを知っていますか。

二酸化チタンの用途としては下記のように説明がなされています。

顔料・着色料
二酸化チタンは、チタンの酸化物のうち、酸化度の高いものであり、白色の粉末になっている。微量の酸化アルミニウム及び二酸化ケイ素を含むことがある。白色の顔料として医薬品、化粧品を初め、各種の工業製品に使われてきた。食品添加物としては、ホワイトチョコレートの白色、各種の色に着色するための下地としての白色などに使われている。 引用:酸化チタン(IV) – Wikipedia

二酸化チタンは白色顔料工業的に生産されて約100年が経とうとしていますが、塗料やインキ、紙、プラスチック、繊維、ゴム、化粧品、食品など幅広く使用され、私たちの暮らしに必要不可欠なものとなっています。白い色の化粧品はもちろん、食品など、様々なものの成分表にこの二酸化チタンの文字が確認できるということになります。では、この二酸化チタンは本当に危ないものなのでしょうか。

酸化チタン(二酸化チタン)に酸素中で光を当てると活性酸素が発生します。活性酸素は、肌にダメージを与え、老化を促進させます。酸化チタンの光による酸化力はとても強く、工業用の「アナタース型」酸化チタンは有機物の完全酸化ができるので、光触媒として消臭や殺菌に利用されているほど。
化粧品用には「アナタース型」より活性酸素を発生しにくい「ルチル型」酸化チタンを使用します。また表面をコーティングをすることで、周囲の酸化を抑える工夫をしている商品もあります。とはいえ、酸化チタンは人体に無害な物質ではありません。引用:ナチュラルコスメ・マニアの化粧品成分辞典(酸化チタンとは)

酸化チタンには「ルチル型」と「アナターゼ型」の2種類があるのですが、光触媒作用が強いのはアナターゼ型のほうです。化粧品にはルチル型が使われているのでもともと光触媒作用は低いのですが、化粧品に使われる酸化チタンの粒子はとても小さく、その分表面積の割合が大きくなるので光触媒の作用も強くなります。そこで、水酸化アルミニウムやシリカ、シリコーンなどで酸化チタンや酸化亜鉛の表面を処理し、光触媒作用を封じてから化粧品に配合するメーカーが増えています。引用:紫外線吸収剤・紫外線散乱剤 – 読んで美に効く基礎知識

酸化チタンが食品添加物として使用されはじめたのは、アメリカでは1968年、日本では1983年からです。 それ以前から白色顔料(スーパーホワイト)として絵の具や染料に使われていました。 いわゆる重金属と異なり、体内に入っても蓄積されることがありません。 また、毒性やアレルギーなどの報告もなく、100%無害であると言われています。
光触媒は活性酸素を生成しますが、胃袋の中にまで紫外線は入ってきませんので、酸化チタンの摂取が原因で体内で活性酸素が発生する心配はありません。引用:酸化チタンの安全性 – 光触媒資料室

また、日本酸化チタン工業会では、二酸化チタンの発がん性についての説明や、経皮に関する代表的な使用例:化粧品についての経皮吸収についても説明がなされています。たくさん書かれていたので割愛しますが、もし読みたい方は下記の引用元:【最終後差し替え】酸化チタン安全性情報発信(2015 10 23)をクリックしていただけるとページに飛びます。

酸化チタンの特性,使用例,安全性等を各章で説明してきましたが、安全性に関する知見・見解について改めて以下に示します。
(1)
実用面からみた安全性白色顔料として実使用されて約100年、ナノサイズが使用されてから約40年経過しますが、明らかに「酸化チタン(ナノ酸化チタンを含む)」が原因と断定できる健康被害の報告はありません。
(2)
文献や論文調査結果からみた安全性
・発がん性;十分な情報は得られていません。
・経皮吸収;安全と考えられます。
・経口ばく露;現時点では健康影響は心配ないと考えられます。
・吸入ばく露;現時点では生体影響は心配ないと考えられます。
以上のことより、日本酸化チタン工業会と致しまして、現段階では酸化チタン(ナノ酸化チタンを含む)は安全上問題は無いものと考えております。
引用:【最終後差し替え】酸化チタン安全性情報発信(2015 10 23)

二酸化チタンを排除するほうが難しいくらいに長年使われてきていることもありますが、現実的に、二酸化チタン=発がん物質と発表されたからと言って今すぐすべての食品や化粧品などから二酸化チタンを取り除くのは不可能でしょう。

仮に、二酸化チタンを一切摂らないとなると、何も食べられない、使えないというくらいにいろいろなものに入っていることも事実です。アメリカの癌学会が言ってるからとすぐにびくびくするのではなく、これを機に二酸化チタンのことを調べてみると自分でも納得できる答えが出てくるかもしれません。私は上記の調査結果などをいろいろ読み、これからも変わらず、二酸化チタンが入っている馬プラセンタサプリを摂り続けます。

ちなみに、発がん性物質というものは、私たちが日常的に食べているものもたくさん含まれていることを知っていましたか?

ハム、燻製ベーコン、燻製魚、ソーセージ、明太子、サーモン、ピクルス、漬物類、フライドポテト、ポテトチップス、クッキー、ビスケット、かりんとう、カリカリに焼いたパン、コーヒー、ほうじ茶など、びっくりするほどいつも食べているものばかりです。発がん性がある食品で検索するとこうやって名前が出てきているのに、市場からは消えていないどころか、スーパーにもたくさん並んでおり、気にせず毎日食べたり飲んだりしています。

二酸化チタン同様、これらの食品を日常から排除するのも大変なことではないでしょうか。もちろん、食べたからといってすぐにがんになるということはないですが、頭の片隅に置いておくだけでも意識して普段の食生活を見直すきっかけにはなりますね。

男性にもぜひ飲んでもらいたい おすすめプラセンタサプリ

TP200 (日本メディカル研究所)
TP200 (日本メディカル研究所)
特徴:国産サラブレット馬プラセンタのみ使用コスパNo1!鮮度を保つ1粒ずつの包装で携帯に便利!混ぜ物ナシ純度100%原末200mg配合

楽天ランキングでも1位を獲得し、アットコスメの口コミでも高評価のプラセンタサプリ!高品質なのに低価格という評価を受けて、他の美容サプリから乗り換える人が増加中!

  • お試しコース30日分1,980円(税抜)
  • 1日あたりの価格66円
  • 成分:馬プラセンタ・サイタイエキス末/HPMC
  • カプセルタイプ
  • プラセンタ含有量200mg
  • 1日1粒
  • TP200 口コミ
  • 公式サイトはコチラから

IMG_35771個ずつ包装してありますので、衛生的で新鮮。
薬じゃないので時間を気にせず、朝起きた時だったり、就寝時だったり、昼食後だったりと、自分のペースで飲めるところも喜ばれるポイントです。
自分専用として出張先や旅行先にも持っていけるので、奥様や彼女、娘さんたちとシェアしてみるのもいいかもしれませんね。

プラセンタファイン(ヴィジョンステイト)
プラセンタファイン(ヴィジョンステイト)
馬プラセンタの他美容9成分厳選配合!国内GMP認定工場製造!芸能人やモデル愛用!

芸能人、雑誌モデル達も愛用者しているというプラセンタファイン。北海道産サラブレッドから抽出されたプラセンタで、1カプセルに純度100%プラセンタを185ml配合してあります。
他のサプリと異なる特徴としては、「フィッシュコラーゲン」をはじめ、「葉酸」「ビタミンC」「コエンザイムQ10」「ヒアルロン酸」「ローズヒップ」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」を厳選配合しています。美容成分と健康成分をぎっしり詰め込まれたプラセンタサプリです。

  • 初回限定15日分2,980円(税込)
  • 1日あたりの価格198円
  • 成分:馬胎盤抽出物、ローズヒップ末、コエンザイムQ10、葉酸など
  • カプセルタイプ
  • プラセンタ含有量185mg
  • 1日1粒
  • プラセンタファイン 口コミ
  • 公式サイトはコチラから

IMG_3565白いカプセルにぎっしり詰まっています。
匂いは少しあるかもしれません。気にならない方もいると思いますが。
飲酒前に2粒ほど飲んでいただくと「二日酔い」「悪酔い」が軽減されるとの効果もあるようです。

プラセンタの泉 (サン・クラルテ製薬)
プラセンタの泉 (サン・クラルテ製薬)
特徴ポイント:製薬会社が製品開発したプラセンタサプリ!キルギス共和国の高品質な馬プラセンタ使用!小粒でクセがなく飲みやすい

純国産の馬プラセンタのみを厳選したプラセンタの泉360。製薬会社が自社で作ったトータルビューティーサプリメントのプラセンタの泉360はヒアルロン酸産生乳酸菌を配合した馬プラセンタサプリとのことで人気となっています!
特徴としては、馬プラセンタの他に、「プロテオグリカン」「セラミド」「ビタミンC」「コラーゲン」などの美容に嬉しい成分が贅沢に配合されているので、肌の潤いを守る美肌成分に特化したサプリメントです。30日間の返金保障もあり、○ヶ月継続などの条件はなく、いつでも休止・変更・解約が可能です。

  • はなまるプラン 1袋31粒入り2,800円(税抜)
  • 1日あたりの価格91円
  • 成分:馬プラセンタ(キルギス産馬)、こんにゃくセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など
  • カプセルタイプ
  • プラセンタ含有量記載なし
  • 1日1粒
  • プラセンタの泉 口コミ
  • 公式サイトはコチラから

IMG_3746小粒で飲みやすいのが特徴的。
匂いもまったくなく、カプセルタイプよりつるんと飲めてしまいます。
“あなたの「キレイ」を「なか」からつくる!”をコンセプトとした馬プラセンタサプリメントです。

  • 男性用プラセンタ『マカ・プラセンタ』
  • 疲労からくる老化やだるさ、やる気喪失などを予防してくれるのが、男性のためのプラセンタ『マカ・プラセンタ』です。細胞を作るアミノ酸が豊富に含まれており、若さを維持することができます。男性用とありますが、もちろん女性でも飲むことができます。また、マカ・プラセンタには商品名のとおり『マカ』を配合しています。マカは、元気の源に欠かせない成分。それが、アンチエイジングの爆弾と呼ばれているプラセンタと同時に摂ることで、いつまでも体の内側から元気を維持することができます。
    さらに、遺伝子的に近い『豚』のプラセンタを使用。豚プラセンタは細胞の原料になるアミノ酸も豊富に含まれています。

適度なアルコールが良い?実はお肌にいいお酒・悪いお酒

アルコールでも効果は千差万別

アルコールと言っても、使われている材料も異なれば製造方法も異なりますし、飲むことによって体や肌に与える効果も異なります。カロリー数も異なるので、ダイエット中に飲むとダイエット効果を半減させてしまうアルコールなどもありますし、飲むことて肌にプラスの効果が期待できるアルコールなどもあるのです。適度なアルコールを飲むことによって、神経の緊張をリラックスさせる効果が期待できるので、ストレス解消という意味では毎日適度なアルコールを飲むことは良い事なのですが、どんな種類を飲むかによって得ることができる効果が異なるため、美肌を目指す人なら種類を選んで、アルコールタイムも美肌タイムに変えてみてはいかがでしょうか?

ポリフェノールが抗酸化

肌に良いアルコールといえば、赤ワインが代表的です。赤ワインには、抗酸化作用を持つポリフェノールがたっぷりと含まれているだけでなく、体内吸収率も90%以上ととても高いので、体内の活性酸素を取り除いて、全身の細胞から毒素を取り除く効果が期待できます。赤ワインを飲むことによって肌はくすみにくくなりますし、ニキビもできにくい肌を手に入れることができます。赤ワインに含まれているポリフェノールには、アントシアニンやカテキン、タンニン、レスベラトロールなどたくさんの成分が含まれていて、毎日適度に飲むことによって、体の免疫力を高めたり、老化を予防することができます。

日本酒にはアミノ酸が豊富

日本酒も美肌効果が期待できます。日本酒にはアミノ酸や?酸がたっぷりと含まれているため、細胞の働きを活性化してくれたり、体内の毒素をスッキリ取り除く働きをしてくれます。また、日本酒には血行を良くしたり新陳代謝を活性化する働きもあるので、適度に飲めば美容効果や健康効果が期待できます。

便秘解消が期待できるマッコリ

韓国由来のアルコールとして人気のマッコリは、最近はスーパーなどでも気軽に購入できるアルコールです。マッコリは女性にも飲みやすいという特徴がありますが、乳酸やクエン酸、タンパク質やビタミンBなどが豊富に含まれているので、大きな美肌効果が期待できます。また、乳酸の働きによって腸内環境を改善することができるので、慢性的な便秘の人なら毎日適量のマッコリを楽しむのもおすすめです。乳酸菌の働きによって腸内環境をすっきりお掃除することができますし、体内の毒素をスッキリ排出して体の錆を解消することができます。

綺麗なお肌をつくる第一歩に、肌を休める「休肌時間」作っていますか?

休肌時間って何?

毎日バッチリメイクを決めている人は多いはず。メイクをすると見た目の自分を美しく演出できるというメリットがありますが、肌にとってはファンデーションなどの成分によって負担がかかっていることはご存知でしょうか?

ファンデーションに配合されている成分は、昨今では肌に刺激が少ない成分で作られていることが多いのですが、それでもオイル成分やミネラル成分など、毛穴を詰まらせる原因となってしまう成分が入っていることが少なくありません。毎日メイクをして肌に負担をかけるということは、毛穴を詰まらせるリスクを毎日高めているという事でもあるのです。

休肌時間とは、そうした肌にお休みを与えてあげる時間と言う事。つまりメイクをせずにすっぴんで過ごす時間を確保することによって、肌にかかる負担を減らしてトラブルを軽減することができます。

休肌時間を意識して作ろう

毎日仕事に行くときにメイクをしていく人でも、休肌時間は意識的に作ることができます。例えば、帰宅したらすぐにメイクを落として肌をすっきりと解放してあげることもおすすめですし、外出する予定がない時には、一日中メイクをしないで過ごすというのも良いでしょう。

朝起きたら必ずメイクをして、メイクを落とすのは夜寝る前と言う習慣を持っている人にとっては、メイクをしない時間をあえて作ったり増やすことによって、肌が呼吸をする時間を増やすことができますし、肌細胞にかかるストレスを軽減する効果が期待できます。短い時間でも、あえて休肌時間を作るように心がるだけでなく、どんなに疲れていても必ずメイクを落として基本的なスキンケアをしてから、スッピンで布団に入るようにしましょう。

休肌時間によって期待できる効果

休肌時間を確保することによって、肌にはいろいろな効果が期待できます。

まず、毛穴が詰まる可能性を減らすことができるので、それまでニキビで悩んでいた人にとっては、ニキビができにくくなるというメリットがあります。また、メイクが毛穴に詰まることによってトラブルを起こしていた人なら、トラブルを起こしにくくなるでしょう。

さらに、ファンデーションなどのメイク成分は、肌の表面に長時間乗っていると、空気に触れて酸化してしまいます。肌にとってはくすみの原因となりますし、老化を早める原因にもなってしまうため、休肌時間を持つことによって、肌にとってはアンチエイジングケアにもつながります。

顔だけじゃない!手のシミでマイナス5歳は老けて見える悲劇

意外と見落としやすいのが「手の年齢」

顔のスキンケアは徹底して心がけていても、意外なところで年齢が見えてしまったり、実年齢よりも老けてみられる原因となってしまうことがあります。その一つが、「手の年齢です」。

手は普段の生活でよく使う場所ですし、食器洗いなどで肌が乾燥しやすい部分のため、意識してお手入れしていないとあっという間に肌がカサカサになったりシワシワになってしまうことがあります。また、外出する時には顔はしっかり日焼け止めを塗るのに、手は無防備なまま出かけてしまったりすることも多いのではないでしょうか。

紫外線があたってメラニンを作り、シミの原因となるのは顔だけではないので、他人から良く見える手もしっかり紫外線対策をしてあげないと、手にシミができて年齢がマイナス5歳ぐらい老けて見える悲劇も起こるかもしれません。

酷使する場所だからこそ、お手入れも念入りに

外出する際には、手にもしっかり日焼け止めを塗ってあげましょう。車の運転をしたりして長時間紫外線を浴びてしまう場合には、UV効果のある紫外線対策手袋などをして、肌を紫外線から守ってあげる方法もおすすめです。

手を洗ったりして日焼け止めが落ちてしまった場合には、こまめに塗り直すことによってシミを徹底的に予防することができますし、ハンドクリームに日焼け止め効果があるものを使えば、紫外線対策をしながら手の保湿ケアもできるので、一石二鳥と言えるでしょう。

家事の間も手のアンチエイジング

家事の中でも最も手が乾燥したりトラブルを起こしやすいのが、食器洗いです。昨今では食洗器に食器洗いを任せている家庭も増えていますが、それでも洗い物がたくさん出た場合には食器洗いは女性の仕事になってしまう家庭が多いもの。

食器を洗う際には、まずハンドクリームをたっぷりと塗り、ゴム手を付けてから熱めのお湯で食器を洗ってみてください。ゴム手と熱めのお湯によって手の保湿パック効果が期待できるので、食器洗いを終えてゴム手を取った時には、肌はモチモチでウルウルになっているはずです。

シミが気になる人なら、美白効果のあるクリームをつけるのも良いですね。ハンドクリームをつけると手がベタベタするのが嫌という場合でも、食器洗いのゴム手なら、ハンドクリームの成分がサッと肌に浸透するので、べたつく心配もありません。また、夜寝る前にたっぷりハンドクリームを塗ってから就寝するのも、手のアンチエイジングケアにつながるのでおすすめです。

意外と知らない?若さの秘訣は毎日の習慣にあった

若さの秘訣は毎日の生活習慣から

年齢を重ねても魅力的だったり、美魔女と呼ばれるほど年齢不詳に若く見える女性っているものです。見た目も体内も若く保つことは一朝一夕でなせる業ではありませんから、毎日の生活習慣の中で若さの秘訣をあちこちに盛り込みながら生活することが大切です。

例えば、考え方をポジティブにするだけでも、若さを維持しやすくなります。几帳面な人や神経質な人だと、ちょっとしたことでもクヨクヨしたり悩んだり、悲観的に考えてしまったりしますが、これでは老化に拍車がかかってしまうだけとなります。何事にもポジティブに対応できるように気持ちを切り替えたり、細かい事はあまりクヨクヨせずにどんと構えるのも良いですし、一日の中で「笑う」ことが多い人も、若さを維持しやすくなります。

インドには笑うことによる健康維持効果が認めれていて、笑いたくない気分でも無理に大きな声で笑うだけで、体内のストレスをスッキリ解消することができることが分かっています。

スキンケアは保湿と美白

毎日のスキンケアは、保湿ケアと美白ケアを徹底する方法が効果的です。年齢を重ねると新陳代謝が低下しやすくなってしまうので、どうしても肌は乾燥しやすくなりますし、肌のターンオーバーも遅くなり、古い角質細胞が肌表面にいつまでも残ってしまい、くすみやゴワゴワ感の原因となります。

普段のスキンケアで徹底した保湿を行い、肌細胞の一つ一つに十分な水分補給を行ったり、美白成分によってくすみやシミを早期治療するケアも、見た目の若さの秘訣となります。また、見た目年齢を引き上げる原因となる、肌の乾燥やシミを予防するためには、季節に関係なく必ず日焼け止めを使って紫外線対策をするようにしましょう。紫外線は老化をスピードアップさせてしまうので、若さの維持にとっては逆効果となってしまいます。

健康的な生活を心がけることも大切

年齢を重ねると、どうしても基礎代謝が落ちてしまうので太りやすくなってしまうものですが、だからと言って丸々と肥満体型になったのでは若くは見えないものです。食生活を気をつけてしっかりカロリーコントロールをするだけでなく、日常生活の中ではできるだけ体をうごかすことを心がけて、カロリー燃焼に励むようにしましょう。

エクササイズが好きな人ならジム通いをするのも良いですし、時間のある時にはアウトドアを楽しむというのも、若さの秘訣効果が期待できそうですね。ただし、アウトドアをエンジョイする時には、紫外線対策として日焼け止めを忘れずに使ってください。

みんなが憧れるプニプニ赤ちゃん肌になりたい

赤ちゃん肌はとにかく水分がたっぷり

生まれたばかりの赤ちゃんは、新陳代謝がとても活発というだけでなく、肌細胞に含まれている水分量が大人の女性とは比較できないほど豊富なのが特徴です。

思わず触れてしまいたくなる美肌というだけでなく、透き通っていて向こう側が見えそうなほど透明感のあるプニプニ赤ちゃん肌へ近づくためには、まずは肌細胞の水分量を徹底的にアップしてあげるスキンケアが必要となります。

例えば、使っている化粧水を見直して、保湿成分がたっぷり入っているものを選ぶと良いでしょう。保湿成分にはいろいろなものがありますが、肌細胞の内側を水分で満たしてくれるヒアルロン酸や、肌細胞同士の隙間を水分で満たしてくれるだけでなく、肌のきめを整えて毛穴レス肌へ近づけるセラミドなどがたっぷり配合されているスキンケアを選ぶと良いでしょう。これらの成分はもともと人間の体内に存在している成分なので、敏感肌でもトラブルを起こすことなく安心して使える優秀な保水成分です。

くすみ対策や美白対策も必要

スキンケアでは、くすみ対策やシミを撃退する美白対策も忘れてはいけません。シミ予備軍を撃退してくれるビタミンC誘導体や、肌表面にできているシミを消してくれるアルブチン、また、肝斑など体内に原因があってできてしまったシミを消すことができるハイドロキノンなどの成分も赤ちゃん肌を作るサポートをしてくれます。これらの成分はスキンケア商品に配合されていることもありますし、抗酸化作用の高いビタミンCなら食品から摂取することもできます。これらの成分をどれもたっぷり摂取したいという欲張りな人なら、サプリや美白効果の高い美容ドリンクを飲むという方法もおすすめです。

新陳代謝を活発にする方法

赤ちゃんのようなプニプニ肌に近づくためには、とにかく体内で新しい肌細胞を効率的に作りださなければいけません。その働きをしているのが新陳代謝なのですが、新陳代謝を活発にするためには、とにかく夜はぐっすり眠ることが必要となります。新陳代謝は眠っている間に活発に行われるので、夜はとにかく熟睡を心がけましょう。

肌のゴールデンタイムと呼ばれている夜10時から2時までの時間は、体を横にして休めるだけでなく、熟睡していることが、新陳代謝で赤ちゃん肌へ近づくためには必要となります。夜更かしする習慣がある人でも、できるだけ早めに就寝し、朝早起きして趣味や仕事に取り組むなど、時間の使い方を工夫するのも良いでしょう。

美白肌キープ!今いちばん人気の美白化粧品はコレ!

美白肌は見た目年齢の引き下げ効果も

世の中で美白ブームが始まってからかなりの年月が経ちますが、このブームが去る気配は全くありません。

シミやくすみがなく、透明感あふれる美白肌は女性なら誰もが憧れる肌質で、思わず触りたくなってしまうというだけでなく、実年齢よりもずっと若く見えるという効果も期待することができます。

「実年齢よりも高く見られたい!」なんて思うのは、早く大人になりたいと考えている思春期女子ぐらいなもので、成人すると誰でも実年齢よりも若く見られたいものですし、若く見えることによって男性からのモテ度も変わります。何よりも、鏡に映る自分が若くきれいに見えれば、毎日の生活でもやる気がアップするのです!

美白肌を手に入れるためには美白化粧品を使うべし

美白肌は一朝一夕で手に入れることはできません。

肌の奥深くに潜在しているシミ予備軍をはじめ、肌をくすませたりニキビなどのトラブルを予防できる成分を毎日のスキンケアで継続して肌に与えてあげることが必要です。

そこでおすすめなのは、美白成分がたっぷり配合されているスキンケア商品を使った美白肌ケアです。美白成分にはいろいろなものがあり、肌の内側に潜むシミ予備軍を撃退するだけでなく、高い抗酸化作用によって肌のくすみも解消してくれるビタミンC誘導体や、すでに肌の表面に表れているシミを解消できるアルブチン、また、漂白成分との異名を持ち、肝斑など体の内側からできているシミをスッキリ消すことができるハイドロキノンなど、様々な美白成分をバランスよく使ったお手入れがおすすめです。

人気の美白化粧品

多くの人が使って満足している美白化粧品は、低刺激だから敏感肌の人にもオススメのディセンシア「サエル」や、富士フィルムからラインアップされているアスタリフト「ホワイト」。これらは使い始めてから短期間でも大きな効果が期待できるのが魅力です。できているシミを今すぐに消したい!と言う人にもオススメのスキンケア商品となっています。

また、以前では医師の処方箋がなければ購入することができなかったハイドロキノンを安定させることによって肌に与える刺激を抑えたアンプルール「ラグジュアリーホワイト」もおすすめです。

ハイドロキノンが配合されているスキンケア商品は少ないのですが、アンプルールは即効で大きな効果が期待できるので人気があります。国内王道メーカーである資生堂から出ているエリクシールホワイトも人気があり、肌のバリア機能を正常に整えながら美白してくれるので、トラブルを起こしにくい肌へ近づく効果も期待できます。

思わず触りたくなるうるツヤお肌の作り方

美肌の基本は洗顔から

思わず触りたくなるうるツヤお肌って、どんなお肌をイメージしますか?毛穴が目立たず、ニキビなどもなく、透明感があってプルプルした弾力性のあるお肌をイメージする人が多いのではないでしょうか?どんなに優秀な化粧品を使っても、肌の土台が美肌でないと、なかなか触りたくなるほどの美肌を作ることは難しいものです。

メイクアップよりはスキンケアを見直すことが、うるツヤお肌を手に入れるための早道です。特に、スキンケアの中でも基本となる洗顔は、毎日の肌の汚れをスッキリと洗い落とすだけでなく、美肌を手に入れるためにも必要不可欠な作業なので、正しい方法で行いたいものです。

正しい洗顔法とは

間違った洗顔法を続けていると、肌が乾燥してしまったり、トラブルを起こしやすくなってしまいます。すると、美肌へ近づくどころか、洗顔するたびにトラブル肌へ近づいてしまうので気を付けましょう。正しい洗顔をするためには、まず、自分の肌質をきちんと理解して、肌に合った洗顔剤を使うようにしましょう。

肌質が良く分からないという場合には、乾燥肌や敏感肌用のものを選び、肌への刺激を出来るだけ抑えた洗顔剤を使うのがおすすめです。そして、洗顔する際にはしっかり泡立ててから、きめ細かい泡の一つ一つが毛穴の中に入り込んで中をおそうじするようなイメージで洗ってあげてください。ゴシゴシこするのではなく、手のひらと肌の間に泡の層を作り、泡を転がしながら洗顔するようなイメージで優しく丁寧に洗いましょう。

生活習慣を見直すことも大切

普段のスキンケアで、肌質に合ったスキンケアを続けることは美肌を手に入れるためには欠かすことができません。しかし、スキンケアと合わせてより大きな美肌効果を手に入れるためには、毎日の生活習慣を見直してあげることも必要です。

例えば、睡眠時間の確保は美肌には欠かすことができない要素で、「睡眠は最高の美容液」と言われているぐらい大きな効果が期待できます。

睡眠中には新陳代謝が活発に行われるので、肌細胞もリセットされ、翌朝には透明感があってモチモチの肌でスッキリ目覚めることができるはずです。眠たくないけれど体を横にして休めているだけでは新陳代謝は最大限に行われないので、できるだけ夜は睡眠の質もアップして快眠を心がけましょう。特に、肌のゴールデンタイムとなる夜10時から2時までの間は、できるだけ熟睡していることが、美肌ゲットのための近道となります。

ニキビ予防に効果絶大な食品を集めてみた

食べ物のニキビ予防効果は大きい

ITOU85_ryouri20150221172012500

普段私たちが食べている食べ物には、様々な栄養成分が含まれています。

その中には、糖質や脂質のように皮脂分泌を活発にする働きを持つものもあれば、ホルモンバランスを整えてニキビ予防や美肌効果が期待できる栄養成分もたくさんあります。

ニキビができやすい人や、ニキビがなかなかなおらずに困っている人は、まず食生活を見直して、ニキビ予防効果があるものを積極的に食べる習慣をつけてみると良いでしょう。

根菜は絶大な効果が期待できる

FCFS_renkon

ゴボウやサツマイモなどの根菜、きのこ類などの菌類には、食物繊維がたっぷりと含まれていて、腸内をスッキリお掃除してニキビを悪化させる毒素を体外に排除してくれる働きがあります。

それだけでなく、脂質の代謝もコントロールしてくれるので、皮脂の分泌量を抑えることによってニキビができにくい肌質へと近づくことができます。

普段の食生活でも根菜は使いやすいですし、味噌汁や煮物など、いろいろな食べ方をアレンジして毎日摂取したいものです。

その他にも、抗酸化作用が高いビタミンCもニキビ予防には大きな効果が期待できます。

緑黄色野菜やフルーツなどに多く含まれているだけでなく、イモ類などにも多く含まれている成分ですが、水溶性で水に溶けてしまうという性質があるので、溶け出た分も逃がさないような方法で食べたいものです。

皮膚や粘膜を強くする成分もおすすめ

C789_unitoikuramaguro

皮膚や粘膜がトラブルを起こしにくくする作用を持つビタミンBも、積極的に食べたい栄養成分です。

例えば、ビタミンB2なら乳製品やうなぎ、海藻に多く含まれていますが、この成分は角質層が硬くなるのを防いだり、皮脂分泌を抑える働きがあるので、ニキビができにくい肌質へと近づくことができます。

また、マグロやニンニク、鳥のささみなどに含まれているビタミンB6には新陳代謝を活性化する働きがあるので、ニキビができてもサッと解消できる効果が期待できます。

その他にも、毛穴の詰まりを解消したり、お肌のターンオーバーを促す働きをしているビタミンAha、人参やカボチャ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜にたっぷり含まれているだけでなく、うなぎやレバーなどにも含まれている栄養成分です。

サプリを利用する方法もアリ

こうした食品を、毎日の食生活の中でバランスよくたっぷり摂取することが、ニキビ予防につながります。
しかし、外食が多かったり、食生活が欧米的だったりすると、なかなか毎日食べることが難しい場合もあるかもしれません。
その場合には、無理に食材から摂取することだけにこだわらず、サプリを活用してニキビ予防をするのも良いでしょう。

ニキビ予防に効果的なサプリはいくつかありますが、ニキビ予防と一緒に美肌効果も期待できるサプリがプラセンタです。

プラセンタがなぜニキビにいいのかという理由は他の記事でも紹介していますのでぜひ読んでみてください。

肌トラブルと老化現象は切っても切れない関係だった

肌トラブルと老化現象の関係とは

肌トラブルと老化現象には全く関係がないと思っている人は多いはず。しかし、肌トラブルによって老化現象に拍車がかかってしまうこともありますし、逆に老化現象によって肌がトラブルを起こしやすくなってしまうこともあります。

例えば、紫外線を無防備に浴びてしまうと、シミができやすくなったり肌が乾燥しやすくなってしまいます。こうした状態が継続すると、保湿ケアをしている人の肌と比べると肌が乾燥し、同じ年齢でも乾燥が原因のたるみやくすみが起こりやすくなりますし、シミは紫外線を浴びてから10年ぐらい経ってから現れることも多いため、40代を超えたあたりから一気に増えてしまうなんてこともあります。

老化現象では肌にどんなトラブルが起こりやすい?

老化現象によって肌がトラブルを起こしやすくなることもあります。

まず、女性は誰でも遅かれ早かれ閉経を迎えますが、閉経に向かって女性ホルモンの分泌が確実に減少し、代わりに男性ホルモンの分泌量が少し増えることになります。女性ホルモンが減ることによってニキビができやすくなったりするトラブルを抱える人は決して少なくなく、若い頃には美肌だったのに30代後半や40代になって急にニキビができやすくなったという人がたくさんいます。

また、年齢とともに新陳代謝が低下するので、肌はどうしても乾燥しやすくなってしまいます。肌がくすみやすくなったり、弾力を失ってたるみやすくなるのは、老化がもたらす肌トラブルと言えるでしょう。

老化と肌トラブルを予防する方法

老化現象は誰にでも起こるものなので、完全に防ぐことはできません。しかし、普段のスキンケアを見直したり、生活習慣を改善することによって、その進行を遅らせることはできますし、肌トラブルを防ぐ効果も期待できます。

たとえば、スキンケアを選ぶなら、年齢を重ねた肌にとって効果の高い成分が充実しているアンチエイジング用のものを選ぶのが良いでしょう。また、食生活ではできるだけホルモンバランスを整えてくれる働きのある食材を選ぶのもおすすめです。

「睡眠は最高の美容液」と呼ばれているように、睡眠時間をきちんと毎日確保することも、アンチエイジング効果と肌トラブル予防効果が期待できるので、睡眠は毎日最低でも7時間ぐらいは確保したいものです。特に、お肌のゴールデンタイムである夜10時から深夜2時ぐらいまでは、できるだけ熟睡していることが必要です。

メニュー
カテゴリ
トピックス

トップへ戻る

トップへ戻る